SUBARUレガシィアウトバックが一部改良。WLTCモード燃費表記に対応【新車】

■熟成が進むレガシィアウトバック

SUBARUの日本のラインナップでフラッグシップに位置するレガシィアウトバックが一部改良を受けました。2020年8月6日の発表、発売は10月2日です。

熟成が進む現行型を選ぶか、いっそ北米で発表済みの新型アウトバックへの日本導入を期待して待つか、迷っている方もいるのではないでしょうか。

SUBARU レガシィアウトバック
2020年8月6日に一部改良を受けたSUBARUのレガシィアウトバック。写真は「X-BREAK」

2014年10月に発表された現行型の6代目レガシィアウトバックは、ゆったりとしたキャビンスペースと最上級モデルらしい落ち着きのある走りが魅力で、ロングドライブでも疲れを誘わないグランドツーリングとしての魅力にあふれています。

今回の一部改良では、WLTCモード燃費表記に対応することで実燃費に近い表示となっています。WLTCモード燃費は12.6km/L。市街地モード(WLTC-L)は8.6km/L、郊外モード(WLTC-M)は13.3km/L、高速道路モード(WLTC-H)は15.1km/Lです。

SUBARU レガシィアウトバック
レガシィアウトバックのインパネ

それ以外の変更点はアナウンスされていませんが、すでに熟成が進んでいるレガシィアウトバックを手に入れて、ロングドライブやアウトドア、レジャーなどに使い倒すというニーズに応えてくれるのは間違いないでしょう。

SUBARU レガシィアウトバック
レガシィアウトバックのリヤビュー。写真は「Limited」

価格は「B-SPORT」が341万円、「Limited」が363万円、「X-BREAK」が346万5000円です。なお、搭載されるエンジンは2.5L水平対向エンジンで、トランスミッションはCVTの「リニアトロニック」。駆動方式はAWDのみ。

ボディサイズは、全長4820mm×全幅1840mm×全高1605mm(X-BREAKは全高1660mm)です。

(塚田勝弘)

『SUBARU』の最新記事
SUBARU ソルテラ
SUBARUが新型EV「SOLTERRA(ソルテラ)」を2022年年央までに日本、米国・カナダ、欧州、中国などで発売
Subaru_Outback_Wilderness
最低地上高240mm超にリフトアップしたスバル・アウトバックが北米で登場。日本デビューに期待できる?
アウトバック・ウィルダネス
スバルの北米専用車「Outback Wilderness(アウトバック・ウィルダネス)」が初公開

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事