東名高速道路・牧之原SA(上り)の施設は丘陵地にあり東名高速で最大級の広さと勾配を実現【高速道路SA・PAドッグラン探訪】

●サービスエリアの中央に茶畑をイメージした斜面が特徴の施設

牧之原SA(上り)は、静岡県牧之原市に位置する、東名高速道路のサービスエリアです。牧之原市は日本を代表する緑茶の産地で茶畑に囲まれており、お茶にちなんだお土産も豊富なサービスエリアです。

ドッグラン2
ドッグランも広いが、駐車スペースも広いので止めやすい。

ここのドックランは、なんと660㎡と東名高速道路随一の面積を誇る広さ! 大型車の駐車場と小型車の駐車場の間に堂々と設置されています。入り口は二重扉になっているため、ワンちゃんが外へ逃げてしまう危険も少なくて安心です。

ドッグラン3
小型車と大型車の駐車場の中央にドッグランを設置。
ドッグラン4
サービスエリアが広いので大きな看板で場所を知られる。

直線距離が50mを超え、ワンちゃんは広大な斜面を駆け回ることができる、なんともダイナミックな人気のドッグランです。地面は芝生と砂地が入り混じっているので、人工芝ではありませんが足が汚れることもありません。

ドッグラン5
地面は芝などで覆われており、足が汚れにくい。
ドッグラン6
ドッグランの中におしっこポールやシャワーなどの設備を用意。

施設も充実していて、エリア内に、ウンチボックスや水道・シャワーはもちろんのこと、ジョーロ、トング、スコップも自由に使えるようにフェンスに掛けてあります。

簡易的なテーブルと椅子も置いてあり、晴れた日は日除けシートもかけてくれるようです。さらに、ウンチ用ビニール袋が設置されていて、他のドッグランであまり見かけない貴重なサービスも!

ドッグラン7
取材時は外されていたが、通常は屋根が装着され、雨は凌げる。
ドッグラン8
ビニール袋が用意されているので、うっかり忘れても安心。

牧之原サービスエリア(上り)のドッグランは、なんといっても東名高速道路で随一の面積を誇る大型ドッグラン!走ることが大好きなワンちゃんには、一度は訪れて欲しいスポットです。

ドッグラン9
最も高い部分から見たドッグラン。かなりの傾斜がある。

また、お茶畑に囲まれた丘の上という緩やかな斜面のフィールドは、平坦な地面が多い他のドッグランに飽きてしまったワンちゃんも、きっと喜んでくれるでしょう。

(文:高市智子/写真:萩原文博)

『ドライブ』の最新記事
ドッグラン01
北陸自動車道・南条SA(上り)は日本庭園のような風情漂う施設が特徴【高速道路SA・PAドッグラン探訪】
ドッグラン01
北陸自動車道・米山SA(上り)は足元に優しい天然芝が広がる新潟県唯一の施設【高速道路SA・PAドッグラン探訪】
ドッグラン01
北陸自動車道・徳光PA(上り)はワンちゃんと一緒に写真を撮りたい絶景スポット【高速道路SA・PAドッグラン探訪】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事