アウディの新型クーペSUV「Q5スポーツバック」は、フロントやリアに専用デザイン採用

■LEDテールライトが直線的グラフィックに変更、テールパイプには黒いトリム

アウディは、先日ミッドサイズ・クロスオーバーSUV「Q5」改良型を発表したばかりですが、新たに設定されるクーペSUV「Q5 スポーツバック」の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

アウディ R5スポーツバック_002
アウディ R5スポーツバック 市販型プロトタイプ

キャッチした最新プロトタイプは厳重なカモフラージュが施されていますが、Bピラー以降のアーチ型のルーフラインが見てとれます。

必然的にリアヘッドルームはタイトになって荷室容量も縮小されることが予想され、実用性は落ちますが、スタイリッシュなボディスタイルは魅力でしょう。

アウディ R5スポーツバック_009
アウディ R5スポーツバック 市販型プロトタイプ

ベースとなるQ5改良型と比較すると、ヘッドライトは同じようですが、八角形のシングルフレームグリルパターン、バンパーがスポーツバック専用デザインとなっているほか、リアエンドでは、LEDテールライトが直線的グラフィックに変更されています。

またバンパーにエアアウトレット、テールパイプには黒いトリムを備え、よりスポーティーな外観に仕上げられているようです。

アウディ R5スポーツバック_010
アウディ R5スポーツバック 市販型プロトタイプ

パワートレインは、最高出力261ps、最大トルク370Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジン/ガソリンターボエンジンの+マイルドハイブリッドのほか、最高出力349hp・最大トルク500Nmを発揮する3.0リットルV型6気筒ガソリンエンジンを搭載。「SQ5 スポーツバック」も設定される可能性がありそうです。

キャビン内では、独立したMIB 3インフォテインメントシステムと、その横には仮想コックピットデジタルゲージを装備、スマートフォンインターフェイスは標準で提供されます。

Q5スポーツバックのデビューは2020年内と予想され、市場ではメルセデス・ベンツ「GLC クーペ」やBMW「X4」と争うことになるでしょう。

(APOLLO)