メルセデス・ベンツの新型コンパクトバン「Tクラス」は、個人ユーザーがメインターゲット

■次期メルセデス・ベンツ・シタンと新型Tクラスは、同じプラットフォームを使用

2020年7月28日、ドイツのダイムラーはメルセデス・ベンツ Tクラスのシルエットを1枚を公開しました。

新型Tクラスは、ファミリー層や、アクティブにアウトドアなどのレジャーを楽しむ層、さらには、はたらくクルマとしてのニーズも担うコンパクトなシティバンという位置づけだそうです。

メルセデス・ベンツ Tクラス
メルセデス・ベンツTクラスのシルエット

Tクラスは、 Mercedes-Benz Vans(メルセデス・ベンツ・バンズ)によるニューモデルで、小型バンのプラットフォームを使い、アクティブなアウトドア派にも適したモデルで、ファミリーのニーズに合わせた新しい車両と位置づけています。

Vクラスと同様に、2022年前半から個人ユーザー向けにこのスモールバンの「Tクラス」も提供していくとしています。

●シタンとプラットフォームを共有

ブランニューモデルであるメルセデス・ベンツTクラスは、同ブランドのファミリーの一員であることが一目瞭然とのこと。とくにデザイン、価値、安全性、コネクティビティの面でメルセデスの伝統を受け継いでいるそうです。

ファミリーユースに向けて高い快適性が確保され、シェアリングサービスなどのニーズも満たすなど、さまざまな用途に適した広いスペースを実現するそう。

後席両側に大開口のスライドドアが採用され、良好な乗降性など使い勝手の良さも美点。また、FRモデルに加えてピュアEV仕様も設定されます。

メルセデス・ベンツ シタン
メルセデス・ベンツ・シタン・ツアラー(2019年モデル)

メルセデス・ベンツのコンパクトバンといえば、ルノー・カングーのメルセデス版である「シタン」があります。2019年8月に、メルセデス・ベンツ・バンズは、コンパクトな都市型デリバリーバンの後継モデルと、バッテリーEVのバリエーションを発表済みです。

シタンとTクラスは、この小型バンのプラットフォームを共有し、メルセデス・ベンツ・シタンは、商用ニーズに合わせた車両であり、メルセデス・ベンツTクラスは主に個人ユーザーをターゲットに据えているそう。シタンとTクラスは、ルノー・日産・三菱と共同で開発すると表明しています。

先述したように、欧州では2022年前半に発売するとのことですが、日本でも取り回ししやすいサイズに収まっているでしょうから正規導入を期待したいところです。

(塚田勝弘)

『メルセデス・ベンツ』の最新記事
メルセデス・ベンツ Eクラス
日本の市販車初となる「ARナビ」を採用した新型メルセデス・ベンツEクラスの先進ぶりがスゴイ!【新車】
メルセデス・ベンツSクラス
最新技術の「走る見本市」。クーペ風味を感じさせる丸みを帯びた新型Sクラスが登場
メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペにブラックのアクセントカラーが際立つ特別仕様車「GLC 220 d 4MATIC Night Edition」を設定【新車】
メルセデスAMGが1000PSを超えるハイパーカーの「Project ONE」の開発を推進
メルセデス・ベンツ Gクラス
メルセデス・ベンツ Gクラスに、シートカラーやシートベルトカラーなどが選べる「G manufakturプログラム」が登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事