新東名高速道路・NEOPASA駿河湾沼津(下り)はワンちゃんが楽しめる3つの段差が特徴【高速道路SA・PAドッグラン探訪】

●サービスエリアの中央に遊戯施設とドッグランを設置する人気のスポット

東京から名古屋方面に走行し、御殿場JCTを新東名高速道路に入って最初のサービスエリアがNEOPASA駿河湾沼津(下り)です。

ドッグラン2
レストランやおみやげを購入するお店も充実している

新東名高速道路のNEOPASA駿河湾沼津(下り)は、建物がきらびやかなオーシャンカラーになっている外観が印象的。このデザインは、眼下に広がる海をモチーフにしているのだそう。

駿河湾が近いこともあり、まるで海岸リゾートのような開放感があります。ドッグランだけでなく、施設のフードコート内にはキッズスペースも完備するなど、ファミリーに人気のサービスエリアです。

ドッグラン3
サービスエリアの中央にドッグランが設置されている

お目当てのドッグランは、全犬種用(580㎡)と小型犬用(590㎡)が道路側に隣接しています。2017年に人工芝にリニューアルし、きれいなグリーン色が映えて目立っているため、すぐにドッグランがどこにあるのかわかります。

場内は平面ではなく3段の長い坂があり、ワンちゃんも飽きずに遊べそう。人が通るところは階段も設置してあり、歩き回りやすい形状になっています。

ドッグラン4
全犬種と小型用が併設されている

今回は全犬種利用ドッグランをメインに紹介します。全犬種利用は、大型犬と小型犬を飼っている方にとっては、同じ場内で遊べて便利でしょう。

ドッグラン5
入口の前にトイレが設置されている
ドッグラン6
シャワーに加えてジョーロまで用意されていてホスピタリティは抜群

入り口前には、おしっこポールが設置。清潔に管理されているので安心して利用できます。場内には、レンガ造りのシャワーと手洗い設備もあります。ジョーロも置いてある細かな配慮はありがたいですね。

ドッグラン7
平面の施設が多い中、段差を作っている

アジリティはありませんが、3カ所に簡易的な日よけ付きのベンチスペースが設置されています。ベンチに座ってくつろぎながら、元気よく遊んでいるワンちゃんを見守ることもできます。

ドッグラン8
小型犬専用のスペースが全犬種用の横に併設されている

小型犬専用スペースもあり、全犬種利用エリアに隣接されています。小さなワンちゃんも安心して遊ばせることができます。

こちらの場内も全犬種利用エリアと同様に、シャワーや手洗い場、うんちボックス、そして日よけ付きのベンチスペースが設置されています。

ドッグラン9
ドッグランの横には公園があるので、お子さんも楽しめます

NEOPASA駿河湾沼津(下り)は、2つのドッグランのそばに、大きな公園もあるので、テーブル・ベンチや遊具もあるので、ドッグランの後に食事をしたり、子どもと遊んだり、家族みんなで羽を伸ばせるのが魅力のひとつです。

(文:高市智子/写真:萩原文博)

『ドライブ』の最新記事
ドッグラン01
北陸自動車道・神田PA(上り)はまるで林の中にいるような溢れる自然が魅力【高速道路SA・PAドッグラン探訪】
北陸自動車道・南条SA(下り)は土と人工芝の2つの異なる地面を楽しく走り回れる【高速道路SA・PAドッグラン探訪】
ドッグラン01
名神高速道路・黒丸PA(上り)は広々とした施設で自由に走り回れる【高速道路SA・PAドッグラン探訪】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事