意外?妥当?MAZDA MX-30日本仕様ではマイルドハイブリッドで2020年秋発売開始、 EVモデルは今年度中にリース販売

■EV仕様がリース販売なのは市場動向を見るためか?

マツダは、2020年7月31日、2019年の東京モーターショーでワールドプレミアされたMAZDA MX-30を今秋、日本市場にも投入すると明らかにしました。欧州仕様が「オートモビル カウンシル2020」にも出展されています。

マツダ MX-30
MAZDA MX-30の日本仕様はマイルドハイブリッドで、2020年秋にも登場する

すでに生産がスタートしているピュアEVのMX-30は、欧州で価格が発表され、先行受注も開始されています。丸本明社長は、年頭会見で2020年内にも日本で発売すると発言したと一部報道で広まっていました。

MAZDA MX-30
MAZDA MX-30のフリースタイルドア

マツダは、地域ごとに最適な動力源を適用するマルチソリューション戦略を掲げていて、直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」にマツダ独自のマイルドハイブリッドシステム「M HYBRID」が組み合わされた「e-SKYACTIV G」が搭載されるのがトピックス。

以前お伝えしたように、英国にもマイルドハイブリッド仕様を2021年初頭に導入すると現地のプレスリリースで明らかにされています。

MAZDA MX-30
日本仕様は直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」にマツダ独自のマイルドハイブリッドシステム「M HYBRID」の組み合わせ

マイルドハイブリッドの搭載により、MX-30は、静かでスムーズな発進と上質なドライブフィールを実現すると共に、モーターのアシストによる優れた燃費も実現するとしています。なお、気になるバッテリーEV仕様の日本市場への投入は、今年度中にリース販売を開始する予定とアナウンスしています。

MAZDA MX-30
「e-SKYACTIV G」のロゴ

マツダの新世代コンパクトSUVのMX-30は、フリースタイルドア(観音開きドア)を採用する個性派SUVでもあります。

MAZDA MX-30
仕様や価格などの詳細はまだ明らかにされていないが、AWDも設定されるようだ

最大のウリであるはずのピュアEV仕様がリース販売なのは、市場の反応を見るためなのかは定かではありません。給油できれば航続距離に不安がなく、車両価格もEVよりも抑えられるマイルドハイブリッド仕様からの市販投入は妥当なのかもしれません。

(塚田勝弘)

『マツダ・MX-30』の最新記事
マツダMX-30は、マツダの次なる100年を予感させる1台 【マツダMX-30試乗】
MX-30
ホイールを別モノに見せるガーニッシュもユニーク!マツダのMX-30の実用と個性を増すアクセサリー
マツダ MX-30
マツダMX-30にはデビュー時から100周年特別記念車を設定!専用ボディカラーとインテリアカラーで華やかさ添える
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事