YAMAHA WR155Rはコスパ最強の注目オフロード!40万以下で買える万能マシン

オフロードバイクって、実はバイクの中で一番走れるシチュエーションが多いバイク。街乗りはもちろん、オフも走れれば燃費もいい、というバイクの中でコスパを極めるとココに行き着くライダーも多いハズ。

今回はSOXが取り扱っているインドネシアヤマハから登場したWR155Rをご紹介します!

●現代的なオフ車スタイル!

こちらがインドネシアヤマハから発売されているWR155R。日本でもヤマハのWRは知られた名前ですが、日本のは250ですでに生産終了しています。

これは日本でも最近注目され始めた150クラスよりちょっとだけ多い、155ccのWRなんです。

海外のバイク、特にアジア圏のバイクってデザインが独特というか、日本ではあまり見慣れないデザインのバイクが多いですが、WR155RはWR250Rとそっくりでかなり現代的なオフ車のデザイン

250クラスのオフ車と比べてみてもチープな感じが全くしないどこか高級感さえ感じるバイクなんです。

真横から見ても全体がスッキリしていてオフ車らしい尖った雰囲気! 公道モデルのオフ車にしては結構本格的なシェイプさじゃないでしょうか。

●エンジン、足回りも完成度高め!

エンジンは水冷155cc単気筒。250以下のエンジンってパワー無いじゃん、と思う方もいるかもしれませんが、WRのエンジンは他の150クラスのエンジンとは一味違います。

VVAと呼ばれる可変バルブ機構がついていて、高回転まで回すと7千回転辺りからVVAが効き始め、150とは思えない鋭さで加速していきます。要はエンジンの一番美味しいところを回転数に合わせて調整してくれるシステム。

フロントは正立フォーク。最近のオフ車は皆倒立フォーク(正立の逆)なので、今となっては正立のオフ車はある意味珍しいかも…。

迫力さえ欠けますが、フレキシブルに動いてショックを吸収してくれる頼れるサスです。

リアは黄色いスプリングが際立つモノサス。こちらもフロントサスと相まってマイルドに動いて車体を安定させてくれます。40万で買えるのにここまで高級感ある作りは驚きでした!

●結構フレンドリーなキャラ?


ーオンのメッセージは最近の電子メーターを採用しているバイクなら大体出てきますが、WRは「Hi bro」と陽気な挨拶をカマしてきます(

「レッツ・ゴー」的なメッセージはもう見飽きていたので、こんなキャラはちょっと新鮮。

スピードタコ(回転数)、ガソリンシフトインジゲーターまで付いている結構豪華な仕様。オフ車のメーターってしょぼいのが多いので、その中では結構ハイテクな方だと思います!

●オフ初心者でも親しみやすい!

シートはモトクロッサー並みの本格的なハイシート。 シート高は880mmと結構高めですが(セローが830mm)、跨るとサスが少し沈むのでオフ初心者でも乗れない高さではありません

安いバイクって結構こういうところに安さを感じることがありますが、国産のオフ車と同等レベルの作り込み!

マフラーはカバーが付いていてリアのスッキリとした雰囲気と合わさっています。

サイレンサー出口はレーシーな雰囲気も。ノーマルは結構静かでしたがキレのあるサウンドです。

●次回、オフ試乗インプレ!

コスパ最強候補に上がってきたWR155R。正直もっとよく見たら安っぽいのかと思ってましたが、全体を舐め回すように見ても粗を感じる部分がほとんど無かったほどしっかり作り込んであるバイクでした。

実際これなら55万〜とか言われても納得してしまうレベル。次回は走りはどうなのか、オフでガンガン乗ってインプレしていきます!

(ライター:佐藤 快/Moto Be 20代にバイクのライフスタイルを提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ツーリング】バイクで行って欲しい!今までツーリングに行ってMotoBeが感動したスポット5選


【二輪男子必見】イマドキ女子にバイクはどう見える?彼氏に乗ってて欲しいバイクはどっち?!vol.1


【無料ナビアプリ】Yahooカーナビ、グーグルマップ、バイクに向いてるのはどっち?5年使ってみたレポート


【豆知識】これ知っておくと今後のバイクライフが変わる?バイクのタイヤって実は大きく分けて二種類あるらしい!

『MotoBe』の最新記事
ついにサーキットで初走行。レスポンス抜群のKOSOキャブと超絶ハンドリングでコケる気がしない!?【5万円SR】
ついに初走行決定!オイル、マフラー、360円キルスイッチなど、シェイクダウン直前の仕上げ整備【5万円SR】
他とは一味違う渋い灯りを探そう! バイクでキャンプするならビンテージランタン専門店・VIBLANTへ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事