フルEV化される新型ジャガー・XJ、コロナでデビューが遅延

■公開は2021年10月以降に。アーキテクチャには「MLA」を採用

ジャガーはフラッグシップ・4ドアサルーン「XJ」次世代型の発表を2021年初頭に計画していましたが、2021年後半まで延期される可能性が高いことがわかりました。

ジャガー XJ_003
ジャガー XJ 次期型 プロトタイプ

英サンデー・タイムズ誌によると、コロナウィルスのパンデミックにより、キャッスル ブロムウィッチ工場が長期停止、再稼働後もソーシャルディスタンスを取りながら生産量を抑えて稼働しています。そのため、より収益性の高いモデルを優先して生産していくことが決定したといいます。

ジャガー XJ_007
ジャガー XJ 次期型 プロトタイプ

ジャガーの代名詞といえる「XJ」は1968年から発売されている伝統モデルであり、50年間同社の主力モデルです。8世代を超える歴史があり、英国で設計・製造され120カ国以上に輸出されています。

次世代型ではフルEVとして生まれ変わります。アーキテクチャには「MLA」(Modular Longitudinal Architecture)を採用、より軽量でEVと燃焼駆動の両方のドライブトレインをサポートしてくれます。また美しいデザイン、インテリジェントなパフォーマンス、崇拝される贅沢に基づいて構築されるといいます。

ジャガー XJ_005
ジャガー XJ 次期型 プロトタイプ

フルEVとなるXJのパワーユニットは、各ホイールに1基ずつ、最大4基のモーターを配置。90.2kWhのバッテリーパックを備え、最大292マイル(470km)の航続が期待できそうです。

ワールドプレミアの正確な時期は断定できませんが、2021年10月が有力で、オーストリアのマグナシュタイアで生産される「PACE」シリーズとは異なり、同社の英国「Castle Bromwich」(キャッスル ブロムウィッチ)工場での生産が予定されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
起亜 スポーテージ_002
満を持して世界初公開。起亜のクロスオーバーSUV「スポーテージ」はアウトランダー風デイタイムランニングライトを装備
BMW 8シリーズ_005
内外刷新! BMW 8シリーズクーペが大幅改良へ
日産 フェアレディZ ティザーイメージ_001
8月17日デビューへ! 新型フェアレディZはスープラよりお得な385万円から

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事