シュコダ初のEV「エンヤクック」市販型、プロトタイプを初スクープ!

■電動化に特化したシュコダのブランド「iV」、2022年末までに少なくとも10台の電動モデルが発売へ

チェコの自動車メーカー・シュコダは、初のフルEVモデル「エンヤック」を開発していますが、その市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

シュコダ エンヤクック_001
シュコダ エンヤクック 市販型プロトタイプ

3月にも試作車をキャッチしていますがテストミュールだったため、これが初めての実車となります。エンヤクックは2019年に発表された「Vision iV」の市販型で、「生命の源」を意味するアイルランドの「エンヤ」から由来しており、「Kamiq」「Karoq」「Kodiaq」など、同ブランド既存の燃焼SUV「Q」を継承しているほか、頭文字「E」はエレクトロモビリティから取られています。

また、「iV」は電動化に特化したシュコダのブランドで、2022年末までに少なくとも10台の電動モデルが発売される予定です。

シュコダ エンヤクック_008
シュコダ エンヤクック 市販型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、スリムなヘッドライト、縦型のコーナーエアインテークなど3分割された開口部が確認できます。また背の高いショルダーライン、わずかにアーチを描くルーフライン、かなり長いフロント&リアオーバーハング、リアエンドでは、使い勝手の良さそうなテールゲート、ルーフスポイラーなどが見てとれます。。

キャビン内は、VW「ID.4」と同様のレイアウトが予想され、インストルメントデジタルクラスタの横には、自立型インフォテインメントシステムが備えられます。

シュコダ エンヤクック_005
シュコダ エンヤクック 市販型プロトタイプ

市販型はVWグループの「MEB」プラットフォームを採用。VW「ID.4」とは兄弟モデルとなり、後輪および全輪駆動が提供されます。

後輪駆動のエントリーモデルには最高出力148psを発揮し、55kWhバッテリーを搭載。航続距離は最大340km(211マイル)となります。ミッドスペックは、最高出力180psを発揮、62kWhのバッテリーにより390km(242マイル)の航続距離で、トップレンジは最高出力204psを発揮、82kWhのバッテリーを搭載し最大500km(310マイル)のパフォーマンスを持ちあわせます。

一方全輪駆動では、最高出力265psを発揮、82kWhのバッテリーを搭載し、最大460km(286マイル)の走行が可能です。また頂点の「iV RS」では、最高出力360psを発揮し、82kWhのバッテリーを搭載、航続は460km(286マイル)と予想されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ポルシェ 911 GT3_004
新型911 GT3ツーリングパッケージ、ニュルを激走! これがポルシェ新ユニットだ
日産ティザーイメージ_003
日産の新型ラッシュ、11月25日には新型SUV投入へ。車名は「エクステラ」か!?
スバル BRZカブリオレ
新型BRZ、オープンモデル発売か!? これがエクステリアだ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事