新時代・日産の顔へ。日産 アリア、7月15日デビューが決定

■日本で発売された後、中国・欧州・北米を含むグローバル市場で展開

日産は、6月29日に開催された株主総会にて、次世代EVクロスオーバーSUV「アリア」市販型を7月15日にワールドプレミアすることを確認、正式発表しました。

日産 アリアコンセプト_002
日産 アリアコンセプト

アリアは、東京モーターショー2019で初公開された「アリア コンセプト」の市販型となります。市販型ではクロスオーバー専用EVプラットフォームに乗り、ボディサイズは「ローグ」より若干拡大され、全長4600mm×全幅1920mm×全高1630mmとなります。

日産 アリアコンセプト_005
日産 アリアコンセプト

日本で最初に発売された後、中国、欧州、北米を含むグローバル市場で展開されることが濃厚です。また市販型では、クロスオーバー専用EVプラットフォームに乗り、各車軸に1つづ、合計2つの電気モーターを搭載するツインモーター4輪制御システム「e-4ORCE」(イーフォース)の採用となりそうですが、パワートレインに関しては不明です。

技術面では、プロパイロット2.0やe-POWER最新世代を搭載、高速道路でも加速、ブレーキ、ステアリングを自動で処理する半自律運転を可能にします。

このシステムは2024年3月31日に終了する同社の中期経営計画の一環とし、世界中の20の市場で、20を超えるモデルに採用される予定となっています。これには、今後発売予定の8つの新型EVも含まれるといいます。

日産 アリアコンセプト_003
日産 アリアコンセプト

同社の内田社長は、「アリアは、電動化と自動運転への発展が期待される先進運転支援技術を融合し、新時代の日産の顔として需要な役割を果たすことを期待している」と語っています。

(APOLLO)

『日産自動車』の最新記事
NISSAN PAVILION
「ニッサン パビリオン」期間限定、横浜みなとみらいにオープンした、大人も子どもも楽しめる体験型エンターテインメント施設に行ってみた!
アリア・アイキャッチ
新型アリアのタイムレスなデザインの秘密は、日本伝統の美とテクノロジーの融合にあり
日産が新型クロスオーバーEV「アリア」のフロントエンブレムを刷新した理由とは?
国内導入に期待! 日産の粋なコンパクトSUV「マグナイト(MAGNITE)」登場
マーチエクステリア
日産・マーチがマイナーチェンジ。AEBやLDWを標準装備しサポカー補助金の対象に【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事