ランボルギーニ史上最強のNA・V12を搭載。新型レーサー「SCV12」初公開

ランボルギーニ アヴェンタドール_005

■「GT3」より高いダウンフォースと空力定格を装備。最高出力は830hp以上

ランボルギーニは、フラッグシップモデル「アヴェンタドール」をベースとする新型レーサー「SCV12」プロトタイプを世界初公開しました。

 ランボルギーニ アヴェンタドール_002
ランボルギーニ アヴェンタドール SCV12

この新型レーシングマシンは、同社のモータースポーツ部門「スクアドラ・コルセ」によって手がけられたトラック専用モデルです。

ランボルギーニGTの技術を投入、「GT3」より高いダウンフォースと空力定格を備えているほか、ロングフードには巨大なデュアルエアスクープ、ルーフにもエアインテークを装備しています。フロントスプリッターやサイドシルの垂直フィンにより、レーシーなエクステリアを際立たせています。

 ランボルギーニ アヴェンタドール_003
ランボルギーニ アヴェンタドール SCV12

ボンネットの下には自社開発の自然吸気V型12気筒エンジンを搭載。ランボルギーニCEOは「高速での空力的な過給により、最高出力は830hpを超える能力がある」と語り、ランボルギーニ史上最強のV12エンジンと噂されています。

ランボルギーニ アヴェンタドール_006
ランボルギーニ アヴェンタドール SCV12

シャーシはカーボンファイバー製で、パワーと重量の比が非常に優れているといいます。

V12は、プッシュロッドリア・サスペンションシステムが直接取り付けられたシーケンシャル6速ギアボックスと組み合わされます。足回りにはフロント19インチ・リア20インチのマグネシム合金ホイールに、専用開発されたピレリ製タイヤが装着されます。

生産はランボルギーニ本社のあるサンターガタ・ボロネーゼで行われ、今夏の終わりにワールドプレミアされる予定です。

(APOLLO)

『ランボルギーニ』の最新記事
ランボルギーニのレゴ
「ランボルギーニのオーナー」感さえ味わえそうな大人のレゴ『レゴ テクニック』シリーズ
ランボルギーニ ウラカン・エボ・RWD スパイダー
ランボルギーニ「ウラカン・エボ・RWD スパイダー」がARを使って世界デビュー【新車】
ウラカン正面
640馬力のハイパワー4WDは意外なほど乗りやすい 【ランボルギーニ・ウラカンEVO試乗】
ランボルギーニ マスク_003
コロナウィルスからイタリアを守れ! ランボルギーニがマスクとガラスシールドを製造開始
マンソリー カブレラ_003
ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJを過激にカスタムした「カブレラ」
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事