ランボルギーニ史上最強のNA・V12を搭載。新型レーサー「SCV12」初公開

■「GT3」より高いダウンフォースと空力定格を装備。最高出力は830hp以上

ランボルギーニは、フラッグシップモデル「アヴェンタドール」をベースとする新型レーサー「SCV12」プロトタイプを世界初公開しました。

 ランボルギーニ アヴェンタドール_002
ランボルギーニ アヴェンタドール SCV12

この新型レーシングマシンは、同社のモータースポーツ部門「スクアドラ・コルセ」によって手がけられたトラック専用モデルです。

ランボルギーニGTの技術を投入、「GT3」より高いダウンフォースと空力定格を備えているほか、ロングフードには巨大なデュアルエアスクープ、ルーフにもエアインテークを装備しています。フロントスプリッターやサイドシルの垂直フィンにより、レーシーなエクステリアを際立たせています。

 ランボルギーニ アヴェンタドール_003
ランボルギーニ アヴェンタドール SCV12

ボンネットの下には自社開発の自然吸気V型12気筒エンジンを搭載。ランボルギーニCEOは「高速での空力的な過給により、最高出力は830hpを超える能力がある」と語り、ランボルギーニ史上最強のV12エンジンと噂されています。

ランボルギーニ アヴェンタドール_006
ランボルギーニ アヴェンタドール SCV12

シャーシはカーボンファイバー製で、パワーと重量の比が非常に優れているといいます。

V12は、プッシュロッドリア・サスペンションシステムが直接取り付けられたシーケンシャル6速ギアボックスと組み合わされます。足回りにはフロント19インチ・リア20インチのマグネシム合金ホイールに、専用開発されたピレリ製タイヤが装着されます。

生産はランボルギーニ本社のあるサンターガタ・ボロネーゼで行われ、今夏の終わりにワールドプレミアされる予定です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?