待っていろGRヤリス! ヒュンダイ・i20のハードコアモデル「N」がニュルで高速テスト

■1.6L直4ターボ搭載。最高出力は200馬力以上

ヒュンダイが開発中のコンパクトハッチ・新型「i20」に初めて設定されるハードコアモデル「i20 N」の市販型プロトタイプを捉えました。

ヒュンダイ i20N_001
ヒュンダイ i20N 市販型プロトタイプ

マスクがはずされ市販型ボディが露出しているプロトタイプは、ルーフに大型のリアウィング、専用ホイール、レッドブレーキキャリパーを装備しているほか、大型のフロントバンパー、アグレッシブなコーナーエアインテーク、エプロン、サイドスカート、デュアルエキゾーストパイプ、ディフューザーなども確認できます。

ヒュンダイ i20N_008
ヒュンダイ i20N 市販型プロトタイプ

カメラマンによると、ニュルではスキール音を轟かせながら高速でコーナーを周り、一気に加速して走り去る様子が見てとれたようで、その高性能さが伺えたといいます。

パワートレインは1.6リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンが有力で、搭載6速MTと組み合わされます。実現すれば最高出力は200ps以上・最大トルク265Nmを発揮するでしょう。

ワールドプレミアは、10月のパリモーターショーと予想されていましたが、コロナウィルスの影響によりオンラインデビューとなる可能性もあると思われます。

発売は2021年初頭で、トヨタ「GRヤリス」をはじめ、VW「ポロGTI」、フォード「フィエスタST」などがライバルとなります。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
BMW X4_001
BMW X4大幅改良へ。大型ドットグリル装備車の正体は!?
メルセデス AMG SL63_006
次期ベンツSLの最新プロトをキャッチ。300SLデザイン継承へ! 2+2シートレイアウト採用の可能性も!?
ブガッティ新型ティザーイメージ_002
ブガッティ新型ハイパーカー「シロンSuper Sport 300+」、8.0リットルW型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し1578psを発揮!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事