カイエンクーペの最強モデル「GTS(仮称)」の開発車両をキャッチ。820馬力ユニットを搭載か?

■コードネーム「ライオン」の4.0リットルV8+電気モーターのPHEVユニットを搭載!?

ポルシェが極秘で開発を進めているとみられる、最強クロスオーバー・クーペSUV「カイエン クーペGTS」(仮称)の開発車両を捉えました。

ポルシェ カイエンクーペGTS_007
ポルシェ カイエンクーペGTS 開発車両

クローズアップで捉えたリアエンドには、バンパーのセンターに「911GTS」を彷彿させる新開発のデュアルエキゾーストシステムがインサートされています。その両端には古い排気フィニッシャーもありますが、プラスチックで埋められており、それがフェイクだとわかります。

ポルシェ カイエンクーペGTS_005
ポルシェ カイエンクーペGTS 開発車両

フロントエンドには6つの大きな吸気口を装備し、「カイエン ターボS E-ハイブリッド クーペ」と同じデザインが見てとれますが、最終的市販モデルではアグレッシブなエアロパーツが装備される可能性もあるでしょう。

カメラマンによるとエンジンがかかると重低音を轟かせ、ゆっくりと発進。雪道をパワフルに加速していったようです。

現在ポルシェは、4ドアサルーン「パナメーラ」に設定される最強モデル「ライオン」(コードネーム)を開発していると噂されています。

パワートレインは「パナメーラ ターボS-Eハイブリッド」から流用される4.0リットルV型8気筒+電気モーターのプラグインハイブリッドで、最高出力は流用元の670psを凌駕する820psを発揮すると予想されており、このカイエンクーペGTSにも搭載が噂されています。

ポルシェ カイエンクーペGTS_002
ポルシェ カイエンクーペGTS 開発車両

市販型に与えられる車名は断定できていませんが「カイエンクーペGTS」または「カイエンクーペGT」が有力のようです。コロナウィルスの影響でワールドプレミアは流動的ですが、最速で2020年内にもオンラインデビューが期待されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
レクサス UC
レクサス版「86」登場!? 新型2ドアクーペ「UC」登場で長男「LC」次男「RC」と2ドアスポーツクーペ3兄弟になる?
VW ID. BUZZ_006
ID.BUZZ市販型、ブランド史上初のフルエレクトリックモデルへ。最新プロトをキャッチ!
ポールスター 3
ボルボのパフォーマンスブランド第3弾はSUV。「ポールスター 3」は8月デビューか?
フェラーリ Simoon_004
その名は「砂嵐」。フェラーリが新たなクロスオーバー計画中!?
BMW 3シリーズEV_001
BMW・3シリーズのEVモデルは市販型に専用LED DRL装備か?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事