VWティグアンに初の「R」が初設定。今秋にも初公開へ

■同ブランド2番目のハイパフォーマンスSUV、ニュルで初の高速テスト

VWはコンパクト・クロスオーバーSUV「ティグアン」改良新型を開発中ですが、そのハイパフォーマンスモデルとなる「ティグアンR」の市販型プロトタイプを、ニュルブルクリンクでカメラが捉えました。

VW ティグアン R_003
VW ティグアン R 市販型プロトタイプ

ティグアンは2008年に初代がデビュー、2016年に現行モデルとなる2代目にバトンタッチされています。

先日、「ゴルフ」を抜いて世界最量販車となったことも話題となっていますが、最強モデル「R」は設定されておらず、これが初の設定となります。

これにより、弟分「T-Roc R」に続いて同社2番目のハイパフォーマンス・クロスオーバーSUVの誕生となります。

VW ティグアン R_007
VW ティグアン R 市販型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、高速ハードテストのため車内にロールケージを配置。

ティグアン改良新型同様に「ゴルフ8」風ハーフカップ型LEDデイタイムランニングライトを備え、アグレッシブなバンパー、巨大なエアインテークを装備し、T-Roc RやゴルフR同様にクワッドエキゾーストシステムがインサートされます。

心臓部には、2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。7速DSGトランスミッションと組み合わされ、「4MOTION」全輪駆動システムを採用。

VW ティグアン R_006
VW ティグアン R 市販型プロトタイプ

最高出力は296psを発揮すると予想されますが、新型「ゴルフR」とパワートレインを共有する場合、最大330馬力とも噂されます。

コロナウィルスの影響でワールドプレミアは行われない可能性もあり、2020年後半にもベースモデルとともにオンラインデビューすると予想されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
メルセデスベンツ EQS_004
メルセデス・ベンツの旗艦EVセダン「EQS」、エアロダイナミックホイール装着の最終デザインを確認
フェラーリSUVプロトタイプ
フェラーリのSUV攻勢がすごい! プロサングエに続く2台のクロスオーバーを計画中!?
ポルシェ 911 GT3_003
ポルシェ911 GT3次期型、6速MT搭載フルヌードをキャッチ!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事