2020年7月20日にBRZの受注が終了! 次期「86/BRZ」登場へのカウントダウン開始

■誕生から丸8年が経過、次期86/BRZの開発が本格化!

トヨタとスバルの提携で誕生したFRスポーツ「86/BRZ」。早いもので2012年4月の発売から丸8年が経過しており、次期モデルの開発が本格化しているようです。

東京モーターショー2013に出展されたコンセプトカー「FT-86 Open concept」

現行モデルの開発時には、投資効率を理由にトヨタ社内では営業部門から強い抵抗があったようですが、当時副社長だった豊田章男現社長の後押しや若年層のクルマ離れへの危機感から手頃なスポーツカー開発に関する企画が通り、スバルの協力を得て具現化。現在に至っています。

トヨタ、スバル両社による次期86/BRZの開発が進行中

スポーツカーにとって重要な「低重心」の実現にスバルの水平対向ボクサーエンジンが大きく寄与しており、エンジン重心を後方に設定した「フロントミッドシップ」構想を実現しています。

両社は、2019年9月に互いの強みを持ち寄ることで提携関係の更なる発展・強化を目指した新たな業務資本提携を発表しており、同提携には新型「86/BRZ」の共同開発も盛り込まれていることから、次期モデルにおいてもこれまでの開発で培ったノウハウが引き継がれるものと予想されます。

■2020年7月20日にBRZの受注が終了!

そうしたなか、東京スバルが公式HP上に本年7月20日でBRZの注文受付を終了する旨のアナウンスを掲載。

2020年7月20日で販売が終了となる現行スバル「BRZ」

一方のトヨタも、現行86をベースにしたGT「British Green Limited」やGT「BLACK LIMITED」といった特別仕様車を設定して販売促進を図るなど、両社が次期モデルの発売準備に向けた動きを見せ始めています。

トヨタ86の限定モデル

各種情報によると、次期モデルではエクステリア・デザインはキープコンセプトながら、「SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)」の採用に加え、出力が現行の 207ps/21.6kgmから2割程度アップすることで、低中速トルク増大によるドライバビリティ向上が見込め、走りのポテンシャルがいっそう向上する模様。

スバルの新プラットフォーム「SGP」

モデルチェンジのタイミングについては昨今の情勢から変動が予想されますが、年内に発表、来夏までの発売が見込まれており、生産は86/BRZともに現状どおり、富士重工業の群馬製作所本工場が担当するようです。

欧州仕様のトヨタ86

更なるポテンシャル向上が予想される新型「86/BRZ」の登場に期待が高まります。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA、SUBARU)

【関連記事】

86/BRZに続き、トヨタが「スバルといっしょにつくる いいクルマ」は…MR2?
https://clicccar.com/2020/03/22/963962/

次期「トヨタ86(ハチロク)」の開発がスタート!排気量が2.4Lにアップ?
https://clicccar.com/2018/04/05/575563/

2019年市販?「GR ハイブリッドスポーツ」は次期トヨタ86がベースに?
https://clicccar.com/2018/01/13/548657/

【関連リンク】

TOYOTA 86
https://toyota.jp/86/

SUBSRU BRZ
https://www.subaru.jp/brz/brz/

東京スバル BRZ
https://www.tokyo-subaru.co.jp/newcars/brz.html

『トヨタ・86』の最新記事
来春発売予想の新型トヨタ86/スバルBRZ。テールエンドは新型スープラのような形状に?【2020年6月1日更新】
AE86 スプリンタートレノ
86トレノの「GT APEX“ブラックリミテッド”」を彷彿とさせる特別仕様車がトヨタ86に設定【新車】
トヨタ86外観_002
過激なスタイリングのトヨタ86が初公開。手掛けたのは広島県のチューナー・326power
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事