世界限定生産500台のジュリアGTA/GTAmは、デザインセンターによるカスタマイズも可能

■100kg軽量化された540PSのモンスターセダン・ジュリアGTA

以前お伝えしたように、アルファ ロメオ・ジュリアGTAは同ブランド110周年を記念したモデルで、500台限定の貴重なモデルです。デザインセンターによる専用のカスタマイズも可能になっています。むしろ、吊るしで乗ることは想定されていないのかもしれません。

アルファロメオ ジュリアGTA
ジュリアGTAmのカスタマイズ

中でも目を惹くのは、フロントノーズです。これは、1971年のヨーロッパツーリングカー選手権(ETCC)を制覇した車両を彷彿とさせるフロントノーズ、スプリントGTA(1965年〜1968年)の非対称な鼻先、GTA 1300ジュニアのシンメトリカルなフロントノーズからインスピレーションを得たそう。

こうしたノーズは、同じレースを戦うドライバーを区別する必要から生まれたもの。アルファ ロメオの歴史的な白いマスクを現代で再定義することで、そのヘリテージを呼び起こす視覚的な効果も期待されます。

●ブレーキャリパー、ロールバーなどのカラーも選べる

ジュリアGTAと2シーターのGTAmは、レッド、トロフィーホワイト、モントリオールグリーンから選択可能。ピンと来た方もいると思いますが、イタリア国旗に敬意を表したカラーリング。

ほかにもブレーキャリパー、ロールバー、ステッチ、シートベルトのカラーも選べます。こうしたカスタマイズは、ホームページのコンフィギュレーターで確認できます。

アルファロメオ ジュリアGTA
コンフィギュレーターでカラーなどの仕様を確認できる

さらに、ジュリアGTAには特別色のヘルメット、オーダーメイドのクルマのカバー、ドライビングアカデミーのドライビングコースが含まれています。2シーターのGTAmにはアルパインスターズ製のレーシングスーツ、グローブ、シューズも付属。

アルファロメオ ジュリアGTAm
アルファロメオ ジュリアGTAmのリヤビュー

新型ジュリアGTAは1965年のジュリアGTAにインスパイアされたモデルで、540PSを誇る2.9L V6ツインターボが搭載され、ジュリア・クアドリフォルオから100kgの軽量化が施されています。ジュリアGTAの価格は176,500ユーロ〜、GTAmは181,500ユーロ〜とアナウンスされています(英国での価格に換算)。

なお、日本への導入の有無や時期、価格については未定とされています。

アルファロメオ ジュリアGTA
ホワイトにグリーンが配されたカスタマイズ

生産台数は世界でわずか500台ですので、世界中のアルフィスタにとって、ジュリアGTA、GTAm、デザインセンターによるカスタマイズモデルは、仰ぎ見るような限定車といえそうです。

(塚田勝弘)

『アルファロメオ』の最新記事
アルファロメオ ジュリア ステルヴィオ
西島秀俊さんがアルファロメオの公式ブランドアンバサダーに起用。新型ジュリア/ステルヴィオの登場を盛り上げる
スポーツセダンのアルファロメオ・ジュリア、プレミアムSUVのステルヴィオが一部改良
自宅前の156
【祝・アルファロメオ総選挙第1位】元貧乏オーナーが語る156へのラブレター
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事