メルセデス・ベンツのEVセダン「EQE」開発車両、アイスバーンを駆け抜ける!

■「スケボー」仕様のシャーシを採用。EQCからインスパイアされたフェイスに

メルセデス・ベンツが開発を進める新型エレクトリック・4ドアセダン「EQE」市販型プロトタイプを捉えました。

メルセデスベンツ EQE_001
メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ

北欧で捉えた開発車両はまだまだカモフラージュが重くデザインの詳細は掴めませんが、なだらかに上昇するベルトラインが見てとれるほか、短いリアオーバーハングが確認できます。

兄貴分・EQSは全長5.2メートルですが、EQEは5メートルと思われ、Eクラスよりわずかに短いながら同等の内部スペースを持つといいます。フロントマスクは、すでに発売されたEVクロスオーバーSUV、「EQC」からインスパイアされたデザインが予想されています。

メルセデスベンツ EQE_002
メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ

EVパワーユニットは、各車軸に1基ずつ2つのモーターを配置し、最高出力は350ps以上を発揮。航続距離はテスラ『モデルS』をターゲットに最大610kmを目指し開発されており、駆動方式は電気式全輪駆動が標準装備となるでしょう。

プラットフォームは、メルセデスが次世代電気自動車向けに開発した全く新しいアーキテクチャ、「MEA」(Modular Electric Architecture)を採用、EQSと共有します。

これはさまざまなサイズのバッテリーパックをそなえる幅広い車のサイズに対応。長さを調整できるフラットアルミニウムの「スケートボード」スタイルのシャーシであり、2022年までにメルセデスおよびスマートブランド全体で10台の電気自動車を提供するといいます。

ワールドプレミアは2021年、フランクフルトから場所が変更され開催される第1回「ミュンヘン モーターショー」が有力です。

(APOLLO)