トヨタ×スバル共同開発のSUV、スバル版の車名は「エヴォルティス」が有力

■新開発の次世代EVパワートレイン搭載、デビューは2021年10月と予想

スバルとトヨタが共同開発を勧めている新型クロスオーバーSUVに関する情報を入手、そのスバル版となる予想CGを制作しました。

スバル 新型EV_002
トヨタ スバル共同開発 電気SUV 予想CG

スバルは2019年6月、トヨタと中・大型乗用車向けEV専用プラットフォーム、およびCセグメントのSUVモデルのEVを共同開発することに合意したと発表しています。

また2020年1月20日に開催された「SUBARU技術ミーティング」にて、「EVデザインスタディ」を世界初公開、これがトヨタと共同開発するEVクロスオーバーSUVのスバル版コンセプトと伝えられています。

EVデザインスタディ
スバル EVデザインスタディ

市販型のエクステリアは、コンセプトカーをよりアグレッシブにしたデザインが予想されます。フロントはグリルを大型化し、太いグリルバーを装着、ライトには上下につながるLED、そのデザインに合わせたシャープなデフューザーなど迫力感溢れるはずです。またサイドはコンセプトカーのデザインを継承しながらも、リア、センターなどにキャラクターラインを入れ、躍動感あふれるデザインに仕上げられる可能性があるようです。

市販型では新開発の次世代EVパワートレインの搭載が予想され、最高出力は290ps以上、4WDが標準装備されると思われます。また大容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、航続は500kmをめどに開発が進んでいる模様です。

安全装備では、AI採用の「新世代アイサイト」を搭載、「レーン変更支援」「カーブ予測自動減速」「渋滞ハンズオフ」「ステアリング操作アシスト」「360度センシング」など高度な技術が見込まれます。

気になる車名ですが、同社では2018年に米国にて『エヴォルティス』(EVOLTIS)のネーミングが商標登録されており、この車名が有力候補の1つだと思われ、ワールドプレミアは2021年10月と予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?