行こう、アウトドアアクティビティの世界へ!【ヤマハ・トリッカー(オフロード編)】

■トリッカーの本領発揮! 楽しさ120%のオフロードラン

トリッカー
ダートで輝く軽量コンパクトなボディとトルクフルなエンジン。トリッカーなら、これまで諦めていたアクションにも挑戦できるかも。

ストリートによく似合うおしゃれなトリッカー。でもその真価はオフロードでこそ発揮されます。

市販オフロードバイクは、モトクロスやラリーといったスピード競技をベースに作られたマシンが多いのですが、トリッカーは難所を攻略するテクニックを競うトライアル競技をベースにしたマシン。さまざまなオフロードバイクの中でも、とくにハードでテクニカルなフィールドを走るのに向いています。

ただ、市販車としては軽量といっても127kgのマシンで本格的なトライアルに挑むには、それなりの覚悟とテクニックが必要です。でも小さなステアケース(段差)や丸太越えにトライするには十分。誰でも手軽にトライアルごっこが楽しめちゃいます。

■オフロードではタイヤで苦戦するシーンも

トリッカー
オンロードではしっかりトリッカーの走りを支えてくれるタイヤですが、グリップの低い悪路はちょっと苦手。

トリッカーのタイヤはオン・オフ両方をバランスよく走れる仕様ですが、どちらかといえばオンに重点をおいた特性。ふつうのダートなら安心して走れますが、滑りやすいグラス(草地)やマディ(泥道)では、グリップ不足を感じるライダーもいるかもしれません。

トリッカー
気持ちよさそうにみえるグラスは、じつはとても滑りやすい路面のひとつ。タイヤを気遣う優しい走りを心がけたいですね。

ダートコースでの試乗日は、あいにく小雨がぱらつくウエット・コンディション。おかげでたちまちグルーブにグリス状の泥が詰まり、タイヤ全体が泥に包まれてツルツルになってしまいました。本格的にオフロードを走りたい人は、あらかじめ、よりオフロード向きのタイヤに交換しておいたほうが、ダートランの楽しみを広げやすいかもしれませんね。

■穏やかなスライドとスムーズなターン

トリッカー
ゆったりした出力特性のおかげで、ターンの挙動は穏やか。スロットルを開けたぶんだけ素直にリアがスライドします。

あいにくの路面コンディションとなった試乗日でしたが、それでもフラットダートのターンはとてもコントローラブル。まったく不安なく楽しめました。

ターンの出口ではスロットル開度が大きくなるにつれてリアが出てきますが、いきなり大きく滑るわけではなく、振り回されることがないので怖くありません。これなら少し練習すれば、誰でもちょっとしたテールスライドをマスターできそうですね。軽くて足つきがよく、バイクを傾けたときも不安感がないので、アクセルやブレーキを使ったトリッキーなターンにも挑戦できそうです。

試しにスローペースでモトクロスコースを一周してみましたが、コシの強いサスがしっかり踏ん張ってくれて、ギャップが連続するフープス(ウォッシュボード)セクションも難なく走れました。

■フロントアップも自由自在

トリッカー
トリッカーでフロントアップにトライ! フロントがふわっと軽く浮くだけでも、テンションはマックスに。

オフロードアクションの代表格ともいえるフロントアップも、トリッカーなら簡単です。低速からたっぷりトルクが出るエンジンと軽快なフロントまわりのおかげで、コツさえつかめばフロントタイヤは軽々と上がります。頑張ってスロットルを開ける必要がなく、自然な操作でできるから怖くないのが嬉しいですね。

ダート経験が浅いライダーでも、トリッカーでしっかり練習すれば、フロントアップのマスターはそれほど難しくなさそうです。

■もっと深く、もっと遠くへ

トリッカー
近所の路地から自然いっぱいのアウトドアフィールドまで、トリッカーなら気負わず走れて、おでかけのチャンスもぐっと増えそう。

その気になれば、なかなかのハイペースでダートを走れるトリッカーですが、だからといってスロットル全開でかっとばすマシンではありません。穏やかなエンジンと軽快な乗り味を楽しみながら、とことこのんびりオフロードを散歩するスタイルがぴったりですね。

トリッカー
トリッカーはオフロードのお散歩ライディングに最適。

タフな心臓とすばらしい足をもつトリッカーは、深い山へと続く険しい林道やひろびろした河原のライト・トレッキング、満天の星を見上げて楽しむワイルドなキャンプまで、さまざまなアウトドア・アクティビティの世界へライダーを連れ出してくれます。

トリッカー
どこにでも似合うトリッカーなら大空にも似合う? 航空自衛隊浜松基地 エアパークのF-86Fセイバーと。装備は撮影のため特別にお借りして着てみたもの。かっこいいヘルメットは飛行機用で、残念ながらバイクには使えません。

ふだんは通勤・通学の足になり、街遊びにもつきあってくれるおしゃれなトリッカーが、自然の中では誰より頼れる旅の相棒になってくれるなんて素敵ですよね。1年365日、いつでもどこでも一緒にいられる素敵な恋人みたいなマシン、それが「フリーライド・プレイバイク」トリッカーの魅力の核心なのかなと感じました。

【ヤマハ トリッカー主要諸元】

全長×全幅×全高:1980mm×800mm×1145mm
シート高:810mm
エンジン種類:空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒
総排気量:249cc
最高出力/最大トルク:20ps/2.1kgm
燃料タンク容量:7ℓ
タイヤ(前・後):80/100-19M/C 49P/120/90-16M/C 63P
ブレーキ:油圧式シングルディスク
車両価格:47万6,300円

(写真:高橋克也 文:村上菜つみ)

【関連リンク】

村上菜つみさんがホンダ・トリッカーで出かけたツーリング記事は、月刊誌「モトチャンプ」2020年5月号(4月6日発売)に掲載されています。

モトチャンプ2020年5月号
モトチャンプ2020年5月号

モトチャンプ5月号の詳細はこちら
https://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=11361

トリッカー Official Site
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/tricker/

『ヤマハ発動機』の最新記事
驚くほど山道を駆け上がる気持ちよさ
新しい乗り物?初体験のスポーツ?ヤマハYPJ-MT Proの楽しさと可能性を実感!
ヤマハ発動機 YPJ-MT Pro
オフロード向けスポーツ電動アシスト自転車「YPJ-MT Pro」をヤマハ発動機が今秋発売。価格は66万円
tricker
コンパクトな車体に快適エンジン&剛健な足まわり! 誰もが惚れる実力派【ヤマハ・トリッカー(ロード編)】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事