これが市販型だ! BMW・4シリーズ カブリオレも巨大グリルを初公開

■「M440iカブリオレ」か? ブルーキャリパーやデュアルエキゾーストパイプを装着

BMWは現在4シリーズ次期型を開発していますが、派生モデルとなる「4シリーズ カブリオレ」プロトタイプが、ついに巨大キドニーグリルを露出させました。

BMW 4シリーズ カブリオレ_001
BMW 4シリーズ カブリオレ 改良型プロトタイプ

3月には、4シリーズ クーペ次期型プロトタイプが巨大グリルを見せていましたが、カブリオレもそれに続いた形です。「コンセプト4」ではバンパー下部まで伸びたグリルが衝撃を与え、賛否両論となっていましたが、ついに市販型に反映されることが確実となっています。

BMW 4シリーズ カブリオレ_008
BMW 4シリーズ カブリオレ 改良型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、フロントバンパーのデザインが明らかにされており、フィンを備えるコーナーエアインテークも見てとれる状態です。さらにブルーブレーキキャリパーやデュアルエキゾーストパイプを装着しており、高性能『M440iカブリオレ』と思われます。

またグリルが閉鎖されているため、「3シリーズ」同様に開閉式「アクティブ・エアストリーム」が採用されているようです。これは、エンジンを冷却するために、空気を取り入れる必要がない場合、電動で閉鎖するなど空気抵抗を制御・低減させる機能です。

BMW 4シリーズ カブリオレ_005
BMW 4シリーズ カブリオレ 改良型プロトタイプ

コックピットは3シリーズとほぼ同じデザインが予想されており、3スポーク・ステアリングホイール、台形のインフォテインメントシステム、デジタルゲージ、標準列のHVACコントロール、センターコンソールにはロータリーダイヤルを備えます。

予想されるパワートレインは、エントリーモデルに1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン、上位モデルには最高出力258psを発揮する新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンほか、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジンです。また高性能モデル「M440i xDriveカブリオレ」には最高出力382ps、最大トルク500Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジンを搭載します。

4シリーズ クーペ/カブリオレのワールドプレミアは9月のパリモーターショーの予定でしたが、コロナウィルスの影響により中止されるため、年内にオンラインプレミアで初公開となりそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?