「第17回 ブリヂストン こどもエコ絵画コンクール」の入賞作品が発表

■小学6年生までが描いた「自然」が題材

2020年4月8日、ブリヂストンサイクルは「第17回 ブリヂストン こどもエコ絵画コンクール」の入賞作品を発表しました。

同賞はブリヂストンが主催し、ブリヂストンサイクルが協賛するものです。ブリヂストングループは、2003年から毎年「ブリヂストンこどもエコ絵画コンクール」を開催しています。現在まで延べ527,362点の絵が寄せられています。

このコンクールでは、子どもたちに環境・自然をテーマに絵を描いてもらい、それを通じて、大人も含めた多くの人々に環境・自然の大切さを伝えていきたいという想いが込められています。

ブリヂストン
ブリヂストン大賞受賞5作品

今回のテーマは「みらい に つたえたい しぜん」で、子どもたちが日常や旅先で触れ合った自然が題材。自由で個性あふれる作品を募集し、全国各地から52,685点の応募があったそう。

その中から公正かつ厳正な審査の結果、ブリヂストン大賞5点をはじめとする100点の入賞作品が選出されています。なお、応募資格は6年生以下(0歳~小学6年生まで)の日本国内在住の方。審査員はヒサ クニヒコ氏(漫画家)、ミロコマチコ氏(画家・絵本作家)、貝塚 健氏(石橋財団アーティゾン美術館 教育普及部長)、江藤彰洋氏(ブリヂストン代表執行役COO兼社長)、磯部正博氏(ブリヂストン常務執行役員 日本タイヤ事業管掌兼 ブリヂストンタイヤジャパン代表取締役会長)。

ブリヂストン
5月からは受賞作品でラッピングされた都営バスの走行が開始される

入賞作品100点は7月末までの予定で、ミュージアムタワー京橋1階のBridgestone Cross Point(ブリヂストン クロス ポイント)に展示。また、5月からは受賞作品でラッピングされた都営バスの走行もスタート。ラッピングバスは、東京駅から晴海、有明間を運行する都05路線に採用されます。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

第17回ブリヂストン こどもエコ絵画コンクール
https://www.bridgestone.co.jp/csr/soc/eco_project/ecokaiga/17th/winner.html

『ブリヂストン』の最新記事
BSイノベギャラリー 外観イメージ
東京・小平でブリヂストンが新展示施設「Bridgestone Innovation Gallery」がオープン
ブリヂストン アレンザ
ブリヂストンのタイヤ技術「エンライトン」が投入された「ALENZA Sport A/S」を日産の新型SUV「ローグ」に納入開始
ブリヂストン ギャラリー
ブリヂストンの過去、現在、未来が分かる「Bridgestone Innovation Gallery」が11月21日から一般公開
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事