ついにフロントマスクも見えた! 新型ジャガー・XJはフルEVモデルに進化

■新プラットフォーム「MLA」を採用、航続は最大470kmに

ジャガーの最上級4ドアセダン「XJ」の次世代型プロトタイプを以前より鮮明にカメラが捉えました。

ジャガー XJ_001
ジャガー XJ 次期型プロトタイプ

フィンランド北部でキャッチしたプロトタイプは厳重なカモフラージュが施されており、ディテールは不明です。しかし、初めてフロントマスク全体が鮮明に露出、大きなグリル、ヘッドライト及びターンシグナルの位置を確認することができます。

ジャガー XJ_007
ジャガー XJ 次期型プロトタイプ

次世代型プラットフォームには、より軽量でEVと燃焼駆動の両方のドライブトレインをサポートできる「MLA」(Modular Longitudinal Architecture)を採用、プロトタイプからはアーチ型のフールラインがみてとれるほか、ボディの縫い目からリフトバックデザインや、フレームのないサッシュレスウィンドウ、サイドをスマートに演出するポップアップドアハンドルなどが予想されます。

フルEVとなる新型XJのパワーユニットは、各ホイールに1基ずつ、最大4基の電気モーターを配置。90.2kWhのバッテリーパックを備え、最大292マイル(470km)の航続が期待できそうです。

ワールドプレミアは2021年以降が有力で、オーストリアのマグナシュタイアで生産されるI-PACEとは異なり、同社の英国「Castle Bromwich」(キャッスル ブロムウィッチ)工場での生産が予定されています。

高級EVセダン市場には、ポルシェ「タイカン」、テスラ「モデルS」を始め、先日スクープに成功したアウディ「e-tron GT」、メルセデス・ベンツ「EQS」など強力なライバルの発売も予想されており、熱い戦いがみられそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ポルシェ タイカン ティザーイメージ
ポルシェEVセダン「タイカン」、ついにベースモデルが世界へ羽ばたく!? ティザーイメージ公開
日産 ティザーイメージ
日産パスファインダー&フロンティア新型、2月4日デビューへ!
日産 キャシュカイ_004
日産・新型キャシュカイ、スペックを先行発表! 欧州初の1.5リットル「e-Power」搭載へ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事