ロータス・エスプリ、ついに復活! 心臓部はトヨタV6ハイブリッド

ロータス エスプリ_005

■EV「エヴァイア」にインスパイアされたフロントマスクを採用

ロータスが開発を進めていると見られる、新型ライトウェイトスポーツのプロトタイプをカメラが初めて捉えました。

ロータス エスプリ_001
ロータス エスプリ 後継モデル プロトタイプ

この新型モデルは、名車「エスプリ」の後継モデルと伝えられており、その車名の復活も予想されています。

ロータス エスプリ_008
ロータス エスプリ 後継モデル プロトタイプ

エスプリは、1976年に初代「エスプリS1」が発売、イタルデザイン「マセラティ・ブーメラン」から意匠を継ぐエッジの効いたボディシルエットがインパクトを与え人気を博しました。1978年には大幅改良を受けた「S2」が登場、1980年には「ターボエスプリ」、1981年にはターボエスプリのシャシーにノンターボの912型エンジンを搭載した「S3」が発売されました。その後は、1993年に「S4」、1996年に「V8」と進化を続けるも、「ファイナル・ラン・エディション」を最後に2004年に生産終了となっています。

ロータス エスプリ_003
ロータス エスプリ 後継モデル プロトタイプ

ロータスは、2010年のパリモーターショーにて、エスプリの後継モデルに関して示唆しましたが、ついにそのプロトタイプの撮影に成功しました。

捉えたテスト車両は「エヴォラ」のテストミュールですが、大幅にボディが拡大され、アルミニウムプラットフォームのテスト初期段階とみられます。ロータスは現在新しいプラットフォームを開発しており、このエスプリ後継モデルがアルミニウムアーキテクチャを使用する最後のロータスになると予想されています。

テストミュールのため、新デザインのヒントはありませんが、EVハイパーカー「エヴァイア」にインスパイアされたデザインで、2シーターのミッドシップレイアウトが予想されています。パワートレインは、トヨタ製3.5リットルV型6気筒+電気モーターのハイブリッドで、最高出力は「エヴォラ410」の400psを超える500ps以上が予想されています。

ワールドプレミアは、最速で2020年内、遅れれば2021年となりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ロータス エスプリコンセプト_002
ライバルはフェラーリ!? ロータスがミッドシップ・HVスポーツカーを開発中?
ポルシェ 911ターボカブリオレ_001
新型911ターボカブリオレ、ルーフオープン姿をキャッチ!
トヨタ LQ_001
トヨタ次世代コンパクトEV「LQ」市販型はこうなる!? デザイン大予想
レクサス IS新型_002
レクサス ISが大幅改良へ。最強モデル「IS500」は422馬力!?
キア スティンガー_002
室内の進化に注目! キアの「毒針」スティンガーが初の大幅改良へ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事