新型コロナウィルスの影響を受けるクルマ関連イベントまとめ

タイトル画像

■鈴鹿モータースポーツフェスやモーターサイクルショーが中止に

依然として衰える気配をみせない新型コロナウィルス。感染拡大防止のため、観光施設や大型イベントの休止・中止が相次いでいます。

その余波はもちろんクルマイベントにも及んでいます。F1は第4戦中国グランプリが延期を決定したものの、それ以前の3戦も開催中止を検討中といわれていますし、全日本ラリーは第2戦の新城ラリーが無観客開催となりました。全日本ラリーは開幕戦の嬬恋も台風19号の影響でキャンセルされたため、ファンには残念な展開です。

ドリフトファン期待のD1GPは、先ほど、D1ライツシリーズ第1戦を暫定的に2週間延期、D1GP第1戦エビスはキャンセルして第8戦として11月14-15日に延期すると発表しました。

2月28日現在で、延期、中止、休館などがが決まったおもな自動車関連イベント・施設は以下の通りです。

・首都高横浜北西線ファンラン(2月29日):中止
・ホンダウェルカムプラザ(2月29日-3月13日):臨時休館
・トヨタ博物館(2月29-3月16日):臨時休館
・日野オートプラザ(3月1日-4月30日):臨時休館
・モースポフェス 2020 SUZUKA(3月7・8日):中止
・大阪キャンピングカーショー2020(3月7-8日):中止
・首都高横浜北西線一般公開イベント(3月8日):中止
・全日本ラリー選手権新城ラリー2020(3月13-15日):無観客開催
・ハイパーミーティング改 2020 In 筑波(3月15日):延期
・阪神高速大和川線開通記念イベント(3月20日):中止
・大阪モーターサイクルショー(3月20~22日):中止
・フォーミュラE第6戦三亜(3月21日):延期
・D1ライツシリーズ第1戦名阪(3月28-29日):4月11-12日に暫定延期
・東京モーターサイクルショー(3月28-29日):中止
・F1中国GP(4月17-19日):延期
・北京モーターショー(4月21-30日):延期
・D1GP第1戦エビス(4月25-26日):第8戦として11月14-15日に延期

普段ならば、モータースポーツ開幕も重なり、華やかな時期を迎える自動車業界ですが、今年は寂しい春となりそうな気配。1日も早い事態の回復を願いたいものです。

(文:角田伸幸)

※情報は随時変化します。必ず公式発表の確認をお願いします。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事