過酷な舞台で性能を実証! トーヨータイヤが2020年のニュルブルクリンク24時間レースに参戦!

■強豪「NOVEL racing」のRC Fとスープラにタイヤを供給

ドイツ西部のニュルブルクリンクで、毎年5月に行われるニュルブルクリンク24時間レース。最近でこそ「グランツーリスモ」とかで手軽に走れるようになりましたが、1周25km、高低差300mという難コースを24時間走り抜く現実のレースは、今もって世界一過酷な耐久イベントです。

そんなタフな戦いに、トーヨータイヤが挑むことになりました。タッグを組むのは、レクサス「F」モデル向けの高機能パーツを開発・販売するレクサス専門チューナー「NOVEL racing(ノーベル・レーシング)」。2016年以来ニュルに参戦を続け、2018年にはSP8クラス2位・3位に名を刻んだ気鋭のチームです。

参戦風景
2018年の参戦風景(NOVEL racingホームぺージより)

トーヨータイヤは、同チームが2020年のレースに投入するレクサスRC FとトヨタGRスープラGT4向けのタイヤを開発・供給し、その勝利を強力にサポートする考え。開発にあたっては、トーヨータイヤの最新試験機で高速コーナリングの評価を蓄え、反映するとのことですが、ニュルブルクリンクで得られたデータそのものも、今後のタイヤの開発にしっかりフィードバックされるはずです。

参戦車両レクサスRC Fのイメージ
参戦車両レクサスRC Fのイメージ
GRスープラ GT4参戦車両のイメージ
GRスープラ GT4参戦車両のイメージ

欧州ツーリングカーレースの分野でも「TOYO TIRES」の名がいっそう広がることに期待したいですね。

(文:角田伸幸)

『TOYO TIRES』の最新記事
比嘉真美子プロ×PROXES CL1 SUV
トップ女子プロのゴルフレッスンを受けるチャンス!TOYO TIRES比嘉真美子選手のレッスンが当たる 「PROXES CL1 SUVデビューキャンペーン」
写真左からピンゴルフ・ジャパン浦山氏、比嘉真美子プロ、TOYO TIRE坂本氏
タイヤとゴルフ、意外な3つの共通項とは?TOYO TIRES PROXES CL1 SUVの静かさが生み出す特別な空間【女子プロゴルファー比嘉真美子×TOYO TIRES×PING対談】
OPEN COUNTRY A/T EX
OPEN COUNTRY A/T EX(オープンカントリー エーティー イーエックス)、TOYO TIRESから待望のSUV専用オープンカントリーがおしゃれに登場

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事