シビックの2リッターターボを移植!? ホンダ新型フィットでタイプRは実現するか?

ホンダ フィット タイプR

■フロントバンパーを再設計、カーボンファイバー製のフロントスプリッターでアグレッシブに

ホンダ「フィット」は2013年以来、約7年ぶりのフルモデルチェンジを果たし、2月から発売開始されたばかりですが、早くもハイパフォーマンスモデルとなる「フィット タイプR」の登場が期待されています。

ホンダ フィット タイプR
ホンダ フィット タイプR 予想CG

協力を得たX-Tomiデザインの予想CGでは、フロントバンパーを再設計、あきらかにベースモデルより大型のコーナーエアインテーク、カーボンファイバー製のフロントスプリッターを装備。そのほかサイドスカート、ブラック加工された大型の専用マルチスポークホイール、固定ブーストリアスポイラー、レッドブレーキキャリパーなどが見てとれます。

ホンダ フィット_004
ホンダ フィット

仕上げには、赤を強調したフロントグリルのブランドロゴ、「TYPE R」のバッジ、カーボンパーツをふちどる赤いアクセントも加えられています。

予想されるパワートレインはやはり「シビックType R」と共有する2.0リットル直列4気筒DOHCターボエンジンとなるでしょう。近い将来、シビックType R vs フィットType Rがニュルブルクリンクで見られることを期待したいです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ABT アウディRS7-R_001
ミライからやってきた!? ABTの超クールなカスタム・アウディ「RS7-R」を初公開
メルセデス AMG GT73_002
メルセデスAMGのトップモデル、「GT 73」市販型デザインが露出
アウディ RS3 セダン_002
新型・アウディA3セダン、450馬力の「RS」をキャッチ!
トヨタ カローラ ハッチバック_002
トヨタが「GRカローラ」を商標登録! いよいよ市販化へ
アルファロメオ 電気SUV_002
アルファロメオに高性能コンパクト・クロスオーバーEV誕生!?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事