シビックの2リッターターボを移植!? ホンダ新型フィットでタイプRは実現するか?

■フロントバンパーを再設計、カーボンファイバー製のフロントスプリッターでアグレッシブに

ホンダ「フィット」は2013年以来、約7年ぶりのフルモデルチェンジを果たし、2月から発売開始されたばかりですが、早くもハイパフォーマンスモデルとなる「フィット タイプR」の登場が期待されています。

ホンダ フィット タイプR
ホンダ フィット タイプR 予想CG

協力を得たX-Tomiデザインの予想CGでは、フロントバンパーを再設計、あきらかにベースモデルより大型のコーナーエアインテーク、カーボンファイバー製のフロントスプリッターを装備。そのほかサイドスカート、ブラック加工された大型の専用マルチスポークホイール、固定ブーストリアスポイラー、レッドブレーキキャリパーなどが見てとれます。

ホンダ フィット_004
ホンダ フィット

仕上げには、赤を強調したフロントグリルのブランドロゴ、「TYPE R」のバッジ、カーボンパーツをふちどる赤いアクセントも加えられています。

予想されるパワートレインはやはり「シビックType R」と共有する2.0リットル直列4気筒DOHCターボエンジンとなるでしょう。近い将来、シビックType R vs フィットType Rがニュルブルクリンクで見られることを期待したいです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
フィアット フィオリーノ_008
起源は「イタリアの古い金貨」。フィアット フィオリーノ次期型、世界発売の野望!
BMW X7_004
BMW X7が大幅改良へ。湾曲ダッシュボードを初採用か?
ダチア ロガン MCV_002
エンジンはルノー日産三菱から供給。ダチア「ロガン MCV」後継モデルを目撃

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています