やさしい新型フィットが無限の手でアグレッシブに【無限カスタマイズ版フィット】

●無限の感性でスポーツ魂がアップ

無限カスタマイズ版フィット
グリルにはドライカーボンを使用

販売開始から売り上げも絶好調の新型フィット。このホンダ製コンパクトに対し、無限が早くもカスタマイズパーツを用意してきました。

今回、それら特製部品が装着されたデモカーを取材しましたので報告します。

フロントでは純正のグリルに対してかぶせる形でセットするカーボンフロントグリルガーニッシュが目に入ります。ドライカーボン素材を使った本格的なものです。

またフロントアンダースポイラーはその名前に反し、アンダー部分だけではなくバンパー左右の開口部周りも大きくフォローする大胆な造形のもの。

無限カスタマイズ版フィット
3D風グラフィックのデカール

サイドでは3Dパターンに見えるフェンダーデカールに注目です。エアアウトレットに見えるようなデザインがキモです。

無限カスタマイズ版フィット
17インチホイールMDEを装着

またアルミホイール『MDE』を、この新型フィット発表とあわせてデザインし、お披露目しました。17×7J幅でインセットは60mm。205/40R17サイズのタイヤと組み合わせることを推奨しています。

リアではカーボン製のテールゲートガーニッシュと、大胆なディフューザー造形のリアアンダースポイラーがまず目に入ります。

無限カスタマイズ版フィット
ディフューザー状のバンパースポイラー

スポイラーの下部にはシングルタイプのスポーツサイレンサーが装着されました。84φmmのステンレス製のフィニッシャーが特徴となっています。

無限カスタマイズ版フィット
ウイングはかなり大型のもの

リヤゲートの上部にはウィングスポイラーが装着されます。翼のセンター部分には無限のロゴもレイアウトされました。

インテリアでは前後5枚セットのスポーツマットが無限を主張します。

無限カスタマイズ版フィット
マットも専用に用意しています

またガソリンモデルにおけるエンジンスタート&ストップスイッチ、ハイブリッドモデルにおけるパワースイッチも無限のロゴが入った物を用意しています。

無限カスタマイズ版フィット
パワースイッチにもロゴが

新型フィットは柴犬をデザインテーマにした癒やし系な印象があるものですけれども、今回の無限パーツ装着車両では全身からレーシーな雰囲気が漂っています。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『ホンダ・フィット』の最新記事
総合力で勝るフィットクロスター、軽快な走りのロッキー/ライズ【フィットCROSSTARとロッキー/ライズ】
シートや荷室の使い勝手もフィットCROSSTARが優秀! 唯一の弱点…は?【フィットCROSSTARとロッキー/ライズ】
静粛性で勝る新型フィット、パワフルさで優れるロッキー/ライズ、どちらが買い?【フィットCROSSTARとロッキー/ライズ】
FIT・アイキャッチ
柴犬=クルマとしての思いやり!? フィットが示すデザインの変化とは?
音振性能で圧倒的なアドバンテージを持つ新型フィット、次期型ノートが勝つための条件とは? 【新型フィット&ノート】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事