日産NV200バネット・マルチベッドワゴンが一部改良。安全装備をアップデート

■ボディカラーに合わせた色のベッドシステムとフロアパネルを選択することも可能

車中泊ブームに応えるべく、日産が商品ラインナップの拡充を図っています。2月10日には、セレナ・マルチベッドを新たに追加しています。

日産自動車 NV200バネット
NV200バネット・マルチベッドワゴンの外観

ここで紹介する日産NV200バネット・マルチベッドワゴンは、狭い住宅街や駐車場などでも持て余さないジャストサイズが特徴で、1人もしくは2人旅を楽しむ人に最適な簡易キャンパー。

日産自動車 NV200バネット
「NV200バネット・マルチベッドワゴン」は大人2人の就寝に対応する

同モデルは、ワゴン2列シート仕様がベースで、ベッド横で食事などに使用できるテーブルもオプション設定されています。なお、NV200バネット「マルチベッドワゴン」は1月31日から発売されています。

日産自動車 NV200バネット
2トーンカラーは、ボディカラーに合わせた色のベッドシステムとフロアパネルを選択することもできる

今回の一部改良は、1月に一部改良が行われたNV200バネットと同様に、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)」「ハイビームアシスト」「LDW(車線逸脱警報)」「標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)」などの先進安全装備を新たに採用。

日産自動車 NV200バネット
ベッドを格納すれば広い荷室が出現する

さらに、「マルチベッドワゴン」専用ボディカラーとして、2種類のパステル調2トーンカラーが追加設定されています。

専用2トーンカラー車では、ボディカラーに合わせた色のベッドシステムとフロアパネルを選択することもできます。また、ベッド横で食事などに使用できるテーブルもオプション設定されています。

NV200バネット・マルチベッドワゴンは、2,624,600円〜2,734,600円です。

(塚田勝弘)

『日産自動車』の最新記事
NISSAN PAVILION
「ニッサン パビリオン」期間限定、横浜みなとみらいにオープンした、大人も子どもも楽しめる体験型エンターテインメント施設に行ってみた!
アリア・アイキャッチ
新型アリアのタイムレスなデザインの秘密は、日本伝統の美とテクノロジーの融合にあり
日産が新型クロスオーバーEV「アリア」のフロントエンブレムを刷新した理由とは?
国内導入に期待! 日産の粋なコンパクトSUV「マグナイト(MAGNITE)」登場
マーチエクステリア
日産・マーチがマイナーチェンジ。AEBやLDWを標準装備しサポカー補助金の対象に【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事