ポテンザRE-71RSのトレッドパターンが面白い!《大井貴之のコレいいねぇ!その1.》【東京オートサロン2020】

■遂にポテンザRE-71Rが新型に。その名は「POTENZA RE-71RS」!

YouTubeチャンネル「クルマで遊ぼう! 大井貴之のSports Driving Labo.」で日々、安全運転、サーキットでのタイムアップ考など、様々なクルマネタを提供してくれているRacing YouTubeR大井貴之さん。御年60歳…還暦を迎えられてもますます元気!

大井貴之さん、還暦!
Racing YouTubeRとして大活躍の大井貴之さん。GAL撮影は欠かしません!

そんな大井さんが東京オートサロン2020で「コレいいねぇ!」と選んだネタを動画で紹介してくれました。まずは、新登場のブリヂストン・ポテンザRE-71RS!

●「S」が付いたダケだけど、トレッドパターンからして別モノに生まれ変わった?

東京オートサロン2020で、新しいタイヤが登場しました!

路面には凹凸があると。従来のRE-71Rでも、その凹凸に対しての接地面積について「路面をつかむ」的な話がありましたよね。今回のRE-71RSは、さらにつかんでいく!というコンセプトです。

大井貴之さんとDEFI・廣江健一郎さん
Racing YouTubeR大井貴之さんとDefiの廣江健一郎さんがRE-71RSについて語ります。

ドライ&ウェットでのラップタイムやコーナリング性能、摩耗ライフ、快適性など、総合的に性能が上がっているそう。このタイヤには明確に目指すところがキッチリあり、技術を磨いて市販化したということがよく感じられます。

RE71RSのプレゼン
東京オートサロン2020で行われたプレスカンファレンス。
RE71RSのプレゼン
設置面積の拡大を狙っています。
RE71RSのプレゼン
総合性能もかなり上がっているようです。

トレッドパターンもやっと、ストレートグルーブ+横にヒョイヒョイヒョイ!のパターンが、み~んなコレかよ!っていうところから脱してくれています。ブロックは大きいけれど、あれだけの角があって大丈夫か?という不安要素もあるんですけど。摩耗していった時のハンドリング変化とか特性変化とか、無いんだろうね~?

山野哲也選手のコメントも
ブリヂストンでは開発ドライバーとしてもご活躍のレーシングドライバー・山野哲也選手。2020東京オリンピックの聖火ランナーにも選出されました!

東京オリンピックの聖火ランナーにも選ばれた山野哲也選手も語っていますが、先代RE-71Rの性能より上回るよう、ブレーキング性能、トラクション性能、さらにコーナリングフォース性能がアップし、クルマのドシッ!とした安定度の中にキレのいいハンドリングが生まれたのが、RE-71RSだと。いや~楽しみなタイヤです!

RE71RS全体の画像
従来にはないトレッドパターンです。早く試してみたいね!

(語り:大井 貴之・Defi 廣江 健一郎/アシスト:永光 やすの/動画:クルマで遊ぼう! 大井貴之のSports Driving Labo./画像:諸星 陽一・永光 やすの)

『東京オートサロン2020』の最新記事
塚本奈々美DriftBoxチャンネルのヘッダー
塚本奈々美、プロゲーミングチーム・Burning Coreのプロモーションディレクター就任
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
チョコブランカ選手とスピーカー
早急な市販化を期待! 大迫力サウンドのゲーミングスピーカーがフォルシア・クラリオンブースに体験展示!【東京オートサロン2020】
ヤリスGR4プレスカンファレンス
ヤリスGR4は全身アルミ&カーボン! オレの高齢者マークはどこに貼りゃいいの?《大井貴之のコレいいねぇ!その3.》【東京オートサロン2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事