BMW・7シリーズの次期型は新開発レーザービーム照明技術を採用

■ついにフルEV版も設定され、2022年にもデビュー

BMWのフラッグシップ・セダン「7シリーズ」の新型プロトタイプをカメラが再び捉えました。

BMW 7シリーズ外観_012
BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ

キャッチした2台の開発車両は現行型のボディをまとったテストミュールです。しかし、その1台には「Electric Test Vehicle」のステッカー(電動テスト車両)が貼られており、EVモデルの可能性が高いようです。

またヘッドライトとテールライトにはカモフラージュがほどこされており、最終デザインは不明ですが、新開発のレーザービーム照明技術が採用されると予想されています。

BMW 7シリーズ外観_014
BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ

初めて捉えたコックピットは、センターコンソール上部が布で覆われており、おそらく最新世代のインフォテイメントディスプレイを隠している可能性が高いでしょう。残りの部分は現行型のままですが、今後着手されるはずです。

BMW 7シリーズ内観_001
BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ

パワートレインも大きな進化をみせます。内燃機関では、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジン、及びディーゼルクワッドターボエンジン、4.0リットルV型8気筒ガソリンターボエンジンが中心となり、V型12気筒エンジンは段階的に廃止の方向だといいます。

代わって3.0リットル直列6気筒ツインターボ+電気モーターのプラグインハイブリッドを筆頭に、初のフルEV「i7」と「i7 S」など電動化の充実がみられそうです。「i7」では「i4」と共有する80kWhのバッテリーを搭載。高性能i7 Sには120kWhのバッテリーを搭載し、最高出力は670hp以上、フル充電による航続距離は434マイル(約700km)と噂されています。

BMWは、2022年半ばにも7シリーズ現行型の生産を終了すると伝えられており、その年の初めには次世代モデルがデビューすると予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
BMW M4_001
サーキット重視の「GTS」モデルか? 謎のBMW M4 テスト車両を発見
VW タオス_002
その名は「タオス」。VW新型コンパクトSUV、10月13日デビュー決定!
ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ_004
ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ、改良型でも「ターボS E-Hybrid」は健在!
ホンダ NSX スパイダー
Type Rだけじゃ物足りない!? ホンダがNSXに「スパイダー」を設定か?
メルセデス Gクラス_005
メルセデス・Gクラス最高傑作が復活へ!G500/G550 4×4スクエアード新型をスクープ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事