「ANBIVALENT “RD” PURIUS PHV CONCEPT」は、TRDのスポーティさとモデリスタのプレミアム感の見事な融合【東京オートサロン2020】

プリウス・アイキャッチ

●スポーティな方向を目指すTRDと、洗練やプレミアム感を狙うモデリスタの融合

1月10日から12日まで開催された東京オートサロン2020。メーカー系出展車の中から、とくに興味深いスタイルのクルマについて担当デザイナーに突撃インタビュー!

今回はトヨタTRDとモデリスタの合同ブースから「AMBIVALENT “RD” PRIUS PHV CONCEPT」を直撃です。

プリウス・メイン
グリルを埋めてPHVであることを主張したフロントが特徴的なコンセプトカー

── 早速ですが今回のデザイン上のコンセプトから教えてください

「まず商品企画としてTRDとモデリスタ両社のエッセンスを融合させるというテーマがありました。つまりスポーティな方向を目指すTRDと、洗練やプレミアム感を狙うモデリスタの融合です。プリウスPHVを選んだのは、未来を象徴する姿を見せるのにもっとも適したクルマだったからです」

── ボンネットやルーフを始め、ホワイトとブラックのコントラストが強く感じられますね

「そこはまさに狙ったところです。とくにヘッドランプからリアに向けての流れが効いていて、ボディをスリムに見せつつ伸びやかさも表現しています。そこはTRDらしさを打ち出したと言えますね」

プリウス・サイド
ボディを低く、薄く見せるブラックのアクセント。同時にタイヤへ目を向けさせる役目も持つ

── フロントはEVの象徴としてグリルを埋めていますが、ここにはブラックを使わなかったんですね。

「ボディをより低重心に見せたいという意図を考えると、フロント下部をブラックにした場合、逆にアッパーな感じが出てしまうんですね。その分、ボディ下部についてはフロントからリアまでシルバーパーツを回していて、ここはモデリスタらしいクオリティ感を出したところです」

── ボディサイドのブラックパーツは何を意図しましたか?

「この部分も先と同様なるべくボディを薄く見せたかったことと、もうひとつ、フロントのシルバーパーツとこのブラックパーツは前後からフロンタイヤを支えるような形状にしていて、タイヤ自体やボディーのコーナー部を強調する意図があるんです」

プリウス・リア
広い面のリアパネルはカタマリ感を出しつつ、オレンジに光る空力パーツを目立たせる

── リアパネルはホワイトの広い面が目立ちますが、あえて要素を抑えているのですか?

「そうですね。ボディ色によってカタマリ感を出したい考えがあって、ここにブラックなどをいろいろ配してしまうとパネルに弱さが出てしまいます。また、この部分は周囲に空力パーツが多くありますので、それをしっかり見せるためにシンプルにしています」

── ホイールのデザインが非常にユニークですね

「最近の空力のいいクルマのホイールはこうしてブラックパーツで被っている表現が多いですよね。LEDの光についてはサイドからの視認性を上げることもありますが、こうした見せ方はいままでになかったので、お客様の反応を見たいなと(笑)」

プリウス・ホイール
表面をパネルで覆った上にLEDの光をあしらった独特のホイール

── ルーフやリアのオレンジ色の光は差し色的な意図もあるのですか?

「機能的にはもちろん空力を考えたものですが、ドレスアップとしてエッジライティングに光らせたかった。そうすることで光が浮いたように見えるのと、同時に先進感を打ち出すことができるんです」

── ここもTRDの機能とモデリスタの見せ方の両立になっているわけですね。本日はありがとうございました。

(語る人・写真左から)
株式会社トヨタカスタマイジング&ディベロップメント
開発本部 内外装技術部 デザイン室 デザイナー
高木良太 氏・山崎和起 氏・久世峻大 氏

プリウス・デザイナー

(インタビュー・すぎもと たかよし)

『東京オートサロン2020』の最新記事
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
チョコブランカ選手とスピーカー
早急な市販化を期待! 大迫力サウンドのゲーミングスピーカーがフォルシア・クラリオンブースに体験展示!【東京オートサロン2020】
ヤリスGR4プレスカンファレンス
ヤリスGR4は全身アルミ&カーボン! オレの高齢者マークはどこに貼りゃいいの?《大井貴之のコレいいねぇ!その3.》【東京オートサロン2020】
ヴィッツCVT清水号
CVTを鍛え上げた清水和夫が、ヤリスCVTでWRCラリージャパンに参戦か!? と言いたい放談・後編【東京オートサロン2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事