アウディS3セダン次期型は320馬力直4を搭載。年内にデビューへ

■極寒のスカンジナビアに出現したプロトタイプ。最強「RS3」は420psに

アウディは、現在コンパクトハッチ「A3」の派生モデルとなる「A3セダン」を開発していますが、その高性能版となる「S3セダン」のプロトタイプをカメラが捉えました。

アウディ S3外観_002
アウディ S3 次期型プロトタイプ

極寒のスカンジナビアで撮影された開発車両は、A3同様の刷新されたボンネットフードやワイドなグリルが見てとれるほか、A3より大型で五角形のコーナーエアインテークを装備しています。また厚みのあるサイドシルやディフューザーなどエクステリアが差別化されているのもわかります。

現行モデルとの比較では、より拡大されたヘッドライトのアウトラインが鮮明に露出し、新グラフィックのテールライトも確認できます。

アウディ S3外観_010
アウディ S3 次期型プロトタイプ

A3ファミリー新型のアーキテクチャには、VWグループ最新の「MQB」プラットフォームを採用。ホイールベースの延長、軽量化、剛性アップが実地されるはずです。

ベースモデルのパワートレインは、1.0リットル直列3気筒ガソリンターボエンジンをエントリーモデルに設定するほか、1.5リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン、最高出力200ps以上を発揮する2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンなどのラインアップが予想されています。

一方S3には、2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンが搭載され、最高出力は320psを発揮、さらに頂点には、最高出力420psとも噂される2.5リットル直列5気筒ガソリンターボエンジンを搭載する「RS3」の設定も濃厚です。

A3ファミリーのワールドプレミアは、「A3スポーツバック」が2020年初頭、春にはセダン、その後S3、RS3と順次デビューが期待されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?