日産NISMOがスーパーGT500クラスの参戦体制を発表。タイトル奪還を誓う【東京オートサロン2020】

TAS_NISMO_体制発表2020_01

●層が厚く、実力のあるドライバー陣で臨む2020シーズン

毎年年始の恒例行事となっているカスタムカーの祭典「東京オートサロン」が10日、今年も千葉県の幕張メッセで開幕しました。自動車メーカーをはじめ、それを支えるタイヤや各種パーツメーカー、そしてチューニングやドレスアップを得意とする様々なショップや最近では広くクルマ業界に就職を希望する若者たちが集まる自動車大学校が一同に会する年に1度のビッグイベントとなっています。

その会場で、日産/NISMOが今シーズンのスーパーGT500クラス参戦体制と、4チームのドライバーラインナップを発表しました。

昨年までは2月に、神奈川県横浜市にある日産グローバル本社にて行っていたモータースポーツ活動計画発表会で発表されていた参戦体制、ドライバーラインナップですが、今年は1ヶ月前倒しでの今回の発表となりました。

TAS_NISMO_体制発表2020_02
GT500復帰となった千代選手(上段右)は平手選手と共に3号車で参戦

今シーズンは、2014、2015シーズンと2連覇し、毎シーズンチャンピオン争いに絡んでいる23号車NISMOの松田次生選手とロニー・クインタレッリ選手、そして近藤真彦監督率いる24号車KONDO RACINGの高星明誠選手とヤン・マーデンボロー選手の2チームが2019シーズンから継続となりました。

TAS_NISMO_体制発表2020_03
GT300からのステップアップとなった平峰選手(上段左)は元祖日本一速い男星野一義監督率いるIMPULに加入

昨シーズン日産陣営で唯一優勝した3号車NDDP RACING with B-MAXは、今シーズンポルシェから北米IMSAへフル参戦が決まったフレデリック・マコヴィッキィ選手に代わり、2018年に3号車をドライブしていた千代勝正選手が2年ぶりの復帰となるGT500フル参戦、そして12号車TEAM IMPULは、昨シーズンの第6戦オートポリスで体調不良により、その千代選手が急遽代役となったジェームス・ロシター選手に代わって、昨シーズン最終戦までGT300クラスでチャンピオンシップ争いを演じた平峰一貴選手が、GT300からステップアップしての参戦となりました。

TAS_NISMO_体制発表2020_04
今シーズンのGT500クラス参戦体制について語る片桐NISMO社長

この体制発表において、片桐隆夫NISMO社長兼CEOは「そもそも日産系ドライバーは層が厚く個々人も非常に優秀である事、そして今やるべきことはハード面すなわち新モデルのマシンの競争力の最大化と、チーム力や戦略面などのソフト面のさらなる進化を図る事で実力のあるドライバーに持てる力を存分に発揮してもらいたい、という思いから今回の体制としました」と、今シーズンの体制にした理由を明らかにしました。

また、「監督やドライバーの他にも、各チームのエンジニア、メカニック、スタッフ、そしてNISMOの開発陣を始めとする全メンバーがシリーズチャンピオン獲得に向けて決意を新たにしています。今年の日産NISMOの活動にぜひご期待ください。そして引き続き熱い応援をよろしくお願いいたします。」と、会場に集った多くのファンの方々へメッセージを送りました。

TAS_NISMO_体制発表2020_05
発表会場には溢れんばかりのファンや報道陣が詰めかけ、モータースポーツへの強い関心が伺えた

いよいよドイツDTMとの共通技術規則「class 1」元年となるスーパーGT500クラス。日産NISMO陣営の今シーズンの活躍に期待しましょう!

(H@ty)

【関連記事】
急遽GT500参戦となった千代勝正選手。その経緯と結果は?【SUPER GT 2019】
https://clicccar.com/2019/09/14/910556/

『東京オートサロン2020』の最新記事
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
チョコブランカ選手とスピーカー
早急な市販化を期待! 大迫力サウンドのゲーミングスピーカーがフォルシア・クラリオンブースに体験展示!【東京オートサロン2020】
ヤリスGR4プレスカンファレンス
ヤリスGR4は全身アルミ&カーボン! オレの高齢者マークはどこに貼りゃいいの?《大井貴之のコレいいねぇ!その3.》【東京オートサロン2020】
ヴィッツCVT清水号
CVTを鍛え上げた清水和夫が、ヤリスCVTでWRCラリージャパンに参戦か!? と言いたい放談・後編【東京オートサロン2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事