1億円オーバーの市販GT-Rも! 市販予測度付き、日産ブースで見ておくべきクルマ5台【東京オートサロン2020】

■400Rのスペシャルモデルからオーテックエルグランドまで

東京オートサロン2020の日産ブースをひとことでいうと、見ごたえたっぷり! 市販モデルからレース車両、そしてコンセプトカーまで興味深いたくさんの車両が展示されているのです。

ここでは、これからオートサロンに行く人や会場にいる人には「忘れずに見るべき」であり、会場に足を運ばない人にとっては「要注目」の車両5台を紹介しましょう。

1:妙に派手なスカイライン400R

昨年夏にマイナーチェンジしたスカイラインのナンバーワン人気グレードが、405psのV6ターボエンジンを搭載した超高性能グレード「400R」。それをベースにレーシーな雰囲気に仕立てたド派手なモデルが「SKYLINE 400R SPRINT CONCEPT」です。

レーシーなデザインのSKYLINE 400R SPRINT CONCEPT

フロントマスクはちょっとGT-Rっぽく仕立てたスポーティーなデザインの前後バンパーやリヤスポイラー、サイドステップ、そして20インチ鍛造ホイールを装着。さらにアメリカのミニカー「ホットウィール」のようなカラーリングに仕上げてドレスアップ。なんだか楽しい気分になってきます。

SKYLINE 400R SPRINT CONCEPTは大きなリヤスポイラーも装着

市販予測度:0%
鋭い突起があるエアロパーツの形状は、保安基準に適合させるのはちょっと難しそう。

2:妙にエレガントなスカイラインハイブリッド

こちらも新型スカイラインですが、先ほどの400Rと違ってラグジュアリーにカスタマイズ。ベースはハイブリッド。

SKYLINE DELUXE ADVANCED CONCEPT

ボディカラーはマットブラウンとマットシルバーでコーディネートし、リヤドアからCピラーにかけての塗り分けでイメージしたのはまさかの「サーフィンライン」なのだとか。インテリアも2トーンのレザーシートでシックな雰囲気です。

サーフィンラインが懐かしくて新しいSKYLINE DELUXE ADVANCED CONCEPT

市販予測度:10%
参考出品の扱いだけど、評判次第では市販も可能か?

『東京オートサロン2020』の最新記事
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
チョコブランカ選手とスピーカー
早急な市販化を期待! 大迫力サウンドのゲーミングスピーカーがフォルシア・クラリオンブースに体験展示!【東京オートサロン2020】
ヤリスGR4プレスカンファレンス
ヤリスGR4は全身アルミ&カーボン! オレの高齢者マークはどこに貼りゃいいの?《大井貴之のコレいいねぇ!その3.》【東京オートサロン2020】
ヴィッツCVT清水号
CVTを鍛え上げた清水和夫が、ヤリスCVTでWRCラリージャパンに参戦か!? と言いたい放談・後編【東京オートサロン2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事