カモフラージュの下にあるものは…BMW X2初の改良型、2021年デビューへ!

eDrive」採用フルEVやプラグインハイブリッドをラインアップ

BMWは、コンパクト・クロスオーバーSUV「X2」に設定されるプラグインハイブリッドバージョンを開発中ですが、改良型となるプロトタイプをカメラが初めて捉えました。

BMW X2外観_013
BMW X2 改良新型プロトタイプ

X2は2016年パリモーターショーにて「コンセプトX2」を発表、その後2018年に市販型が公開され発売されており、これが初のLCI(Life Cycle Impulse=改良モデル)となります。

BMW X2外観_006
BMW X2 改良新型プロトタイプ

キャリアカーで輸送中を捉えたプロトタイプから、最も顕著なアップデートは、完全に隠されたカモフラージュの下にある全く新しいグリルで、最新ラインアップにならって大型化が予想されます。またヘッドライト内部のLEDデイタイムランニングライトが再設計されるほか、ステッカーが貼られたフォグランプ部分も修正するはずです。

このプロトタイプは初期開発車両のため、まだ着手されていない部分も多いと思われ、今後リアバンパー、テールライトなども新デザインとなる可能性が高いです。

BMW X2外観_008
BMW X2 改良新型プロトタイプ

キャビン内では、デジタルインストルメントクラスタのアップデートや、最新のインフォテイメントシステムやソフトウェアを搭載するはずです。

パワートレインは、最高出力140psを発揮する1.5リットル直列3気筒ターボエンジンを搭載する「xDrive18i」、および最高出力192psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボエンジン搭載の「xDrive20i」などがキャリーオーバーされる見込みですが、パフォーマンスや燃費の向上が図られる可能性もあります。

さらに今後、現行モデルに設定される第5世代ドライブトレイン「eDrive」を採用するフルEVや、1.5リットル直列3気筒ターボチャージャー+電気モーターのプラグインハイブリッドもラインアップされます。

LCIモデルのワールドプレミアは、2021年内が有力です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?