フェラーリ ローマにシューティングブレーク&カブリオレが設定 !? デザインを大予想

■最高出力620psを発揮、0-100km/h加速は3.4秒のスーパーワゴン

フェラーリの新型スーパーカー「ローマ」に、シューティングブレークやカブリオレが登場したら?という仮定のもと、予想CGを入手しました。

フェラーリ ローマ シューティングブレーク
フェラーリ ローマ シューティングブレーク 予想CG

協力を得たのはおなじみX-Tomiデザインです。「ローマ」は同社のエントリーオープンモデル「ポルトフィーノ」のクーペ版として開発。3.9リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンをミッドシップに搭載し、最高出力620psを発揮、0-100km/h加速は3.4秒、0-200km/h加速は9.3秒、最高速度は320km/h以上のパフォーマンスを持っています。

フェラーリ ローマ カブリオレ
フェラーリ ローマ カブリオレ 予想CG

シートレイアウトは2+2ですが、後部フットプリントはかなりタイトで、同社では「2+」と呼んでいます。そこで生まれたのが「シューティングブレーク」という発想です。エクステリアは「ベイビーGT4Lusso」のようですが、フロント&リアエンドのデザインはそのまま、Bピラー以降を延長し、後部居住性が大幅に向上しています。

一方カブリオレですが、ローマはポルトフィーノのクーペ版として登場しているため元に戻ってしまうと思いますが、そもそもこの2台はまったく異なるデザインのため、エクステリアのデザインはとても新鮮で、コックピットも最新のインフォテインメントシステムを搭載しており、新型モデルとして十分通用するはずです。

フェラーリは近年、新型モデルの開発に積極的で、2019年には5台の新型モデルを発表しています。この傾向は2020年以降も続くとみられ、この2台が全くありえない噂と言えそうにもないでしょう。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
日産 ティザーイメージ
日産パスファインダー&フロンティア新型、2月4日デビューへ!
日産 キャシュカイ_004
日産・新型キャシュカイ、スペックを先行発表! 欧州初の1.5リットル「e-Power」搭載へ
ポルシェ ケイマンGT4 RS_005
もう「プアマンズ911」とは言わせない! 究極のポルシェ・ケイマン「GT4 RS」市販型がニュルを疾走
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事