CX-30の出現により消滅の危機!? CX-3次期型は大幅なイメージチェンジか?

■マツダ CX-3に未来はあるか…次期型は3ドアスポーツSUVに変身!?

マツダのコンパクト・クロスオーバーSUV「CX-3」の次期型に関する情報を入手、その情報をもとにエクステリアを大胆予想しました。

マツダ CX-3 新型
マツダ CX-3次期型 予想CG

CX-3は、「魂動」デザインを採用した第5弾モデルとして初代が2015年2月に発売されました。その後2015年12月に「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を標準化するなど一部改良、2016年10月には「G-ベクタリング コントロール」が全車標準装備されています。

2017年6月には「SKYACTIV-G2.0」を新設定され、2018年5月には初の大幅改良が行われています。

マツダ CX-3外観_003
マツダ CX-3 現行型

初代が発売されてから4年が経過、そろそろ次期型に期待したいですが、「CX-30」の投入によりその存在が危機を迎えているようです。

「CX-30」が「CX-3」と「CX-5」の間を埋めるモデルとして誕生したことにより立場が中途半端になり、2019年前半は1000台を超えていた販売台数も4月以降は大幅な減少となっています。また米国市場において2020年モデルでは「Touring」「Grand Touring」が廃止され、「Sport」グレード1つへラインアップが縮小されることが濃厚となっており、次期型で廃止される可能性が指摘されているのです。

しかしそんな危機感の中、明るい噂を入手しました。次期型では次世代プラットフォーム「SKYAXTIV-VEHICLE ARCHITECUTRE」を採用、「CX-30」をさらにクーペ化した超攻撃的スタイリングを採用、3ドアスポーツSUVとして生まれ変わるというものです。

マツダ CX-3外観_004
マツダ CX-3 現行型

期待を込めて制作した予想CGでは、Aピラー&Cピラーに傾斜を持たせ、攻撃的クーペシルエットに。またキックアップデザインのCピラーがシャープな印象を持たせています。リアタイヤハウス部分は若干膨らみを持たせ、さらにリア両サイド部分に縦型スリットを入れることでワイド感を強調、リアテールは若干細めのデザインにし、4連ランプ搭載でスポーテイな仕上がりとしています。

予想されるパワートレインは、2.0リットル直列4気筒+マイルドハイブリッド「SKYACTIV-X」、2.5リットル直列4気筒「SKYACTIVE-G 2.5」、そしてディーゼルターボ「SKYACTIVE-D 1.8」などです。

CX-30により廃止へ追い込まれてしまうのか、それとも新型で反撃を開始するのか、2020年内には答えがでそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?