黒のアクセントカラーが際立つ「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー ファイナルエディション」が登場【新車】

■現行ルーテシアR.S.最後の限定車は50台!!

2019年12月5日、ルーテシア ルノー・スポール最後の限定車となる「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー ファイナルエディション」が発売されました。

ルーテシア ルノー・スポール トロフィー ファイナルエディション
「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー ファイナルエディション」の走り

ベースとなる「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー」のパワートレーンは、最高出力220ps・最大トルク260Nmを発生する1.6L直噴ターボエンジンに、スムーズで素早いシフトチェンジが可能な6速AT(6EDC)が組み合わされています。

ほかにも、ラリーの世界で開発された「ハイドロリック コンプレッション コントロール」、ノーマル/スポーツ/レースの 3モードから状況に応じて選択可能な「R.S.ドライブ」などの装備により、レーシングカー直系の刺激的な走りが楽しめるコンパクトスポーツモデルになっています。

ルーテシア ルノー・スポール トロフィー ファイナルエディション
ルーテシア ルノー・スポール トロフィー ファイナルエディションのリヤビュー

分かりやすく最後の限定車という車名が付けられた「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー ファイナルエディション」は、ブラックエンブレム(前後ロザンジュ、前R.S.エンブレム、後 RENAULT SPORT エンブレム)をはじめ、ブラックシャークアンテナ、ルノー・スポールのテスト/開発ドライバーで、ニュルブルクリンク サーキットで量販FF車最速タイムを叩き出したロラン・ウルゴンのサイン入りシリアルプレートが配されています。

ルーテシア ルノー・スポール トロフィー ファイナルエディション
ルーテシア ルノー・スポール トロフィー ファイナルエディションのフロントマスク

今後は、ルーテシアシリーズ(ルーテシア4)が、モデルチェンジにより新型ルーテシア(ルーテシア5)にスイッチするため、現行型ではこの「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー ファイナルエディション」が、ルーテシア ルノー・スポールの最後の限定車になるそう。

ルーテシア ルノー・スポール トロフィー ファイナルエディション
専用シリアルプレートも付く

用意されるボディカラーは、「ブラングラシエ 」のみで台数は50台限定。価格は3,402,000円です。

(塚田勝弘)

『ルノー』の最新記事
ルノー・トゥインゴZ.E.イメージ
日本の使い方にピッタリ? ルノー・トゥインゴのEVは少なめのバッテリーで180kmを走る
「象牙色の岩が織りなす風景」をボディカラーのテーマにした「ルノー カングー ペイザージュ」が登場【新車】
2020 - Nouvelle Renault MEGANE E-TECH Plug-in
ルノー・メガーヌに135km/hまで電気だけで走れるプラグインハイブリッド仕様が登場【新車】
マイナーチェンジ後のルノー トゥインゴにファン待望のMTモデルが登場【新車】
ルノー カングー クルール
今度の「ルノー カングー クルール」は、フランスの田園風景をイメージした自然な美しさが魅力【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事