オンロードや雪上走行もこなすクロスオーバーSUV向けグランドツーリングタイヤ「GEOLANDAR CV G058」が発売

ヨコハマタイヤ GEOLANDAR CV G058

■街中やロングドライブでの快適な走りと「M+S」規格もクリア

横浜ゴムはSUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「GEOLANDAR(ジオランダー)」の新商品として、クロスオーバーSUV向けグランドツーリングタイヤ「GEOLANDAR CV G058(ジオランダー)」を2020年2月より発売するとアナウンスしました。発売サイズは、245/50R20 102V〜165/60R15 77H の全32サイズ。価格はオープンプライスです。

ヨコハマタイヤ GEOLANDAR CV G058
クロスオーバーSUV向けグランドツーリングタイヤの「GEOLANDAR CV G058」

「GEOLANDAR CV G058」は、2012年に発売された「GEOLANDAR SUV」の後継モデルという位置づけ。街中での走りに対応しながら、快適なロングドライブにも応えるべく進化したグランドツーリングタイヤです。

同タイヤは、安全性や静粛性などオールテレーンタイヤの静粛性や乗り心地が引き上げられたハイウェイテレーンタイヤとしての基本性能を高めながら、耐摩耗性能や低燃費性能に配慮しトータル性能を向上。さらに、従来品同様、急な降雪にも対応する「M+S(マッド&スノー)」規格になっています。

トレッドパターンはサイプによりエッジ効果を高めた独自の「サイプベースパターン」が採用されたほか、耐偏摩耗性能に寄与するとともに、ウェット路面や急な降雪時でも優れたトラクションを発揮する「2-3Dコンビネーションサイプ」や、優れたトラクションと耐ハイドロプレーニング性能を両立させた「4コンビネーショングルーブ」が盛り込まれています。さらに、「5ピッチ・バリエーション」が耳障りな音域のパターンノイズを低減。

専用コンパウンドは、先進のシリカテクノロジーが駆使され、ウェットや降雪時など低温域の路面を含む様々な路面状況で安定感ある走りに貢献するとしています。また、新開発プロファイルにより幅広でフラットな接地形状が実現され、耐摩耗性能、耐偏摩耗性能を確保。

これにより従来品「GEOLANDAR SUV」と比べると、ウェット制動性能を12%、ウェット操縦安定性が13%向上されたほか、快適性の面ではロードノイズを34%、パターンノイズを9%低減(ともに騒音エネルギー低減率での比較)、突起乗り越し時の上下軸力(突起乗り越え時の入力で、この力が小さいほど突起から受ける入力が小さく乗り心地が向上する)を7%低減させました。

「GEOLANDAR」は、横浜ゴムがグローバルで展開しているSUV・ピックアップトラック用タイヤブランドで、現在ハイウェイテレーンからマッドテレーンまで幅広いラインナップを誇っています。クロスオーバーSUV向けの商品では「GEOLANDAR CV G058」の新投入に加え、ハイパフォーマンス・クロスオーバーSUV向けの「GEOLANDAR X-CV(ジオランダー・エックスシーブイ)」も販売されています。

(塚田勝弘)

『横浜ゴム』の最新記事
スポンジ式ノイズキャンセル
気になるタイヤノイズをスッキリ消す技術とは?【横浜ゴム・スポンジによる空洞共鳴音の低減】
導電スリット現物
タイヤが黒いのはなぜ? シリカを配合するとタイヤはどう進化するの?【横浜ゴム・シリカ配合技術勉強会】
GEOLANDAR X-AT 装着
かゆいところに手が届く。横浜ゴムが「ジオランダーG003&X-AT」に軽自動車用サイズを設定
BluEarth-Vanイメージ
商用車にも「BluEarth」。耐摩耗性20%・ウエット制動性能6%アップの「ブルーアースバン RY55」
GEOLANDAR_CV_G058_イメージ
SUVにはやっぱりM+Sタイヤというユーザー向けの新作タイヤ「ジオランダーCV G058」
ヨコハマタイヤ GEOLANDAR CV G058
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事