最新世代の「スマートアシスト」「ディスプレイオーディオ」「ポケッテリア」などの装備の使い勝手は?【ダイハツ・ロッキー/トヨタ・ライズ試乗記】

■最新世代の「スマートアシスト」を用意

キャビンの居住性、ラゲッジの積載性などは別の記事でご紹介しましたので、ここではディスプレイオーディオやポケッテリアなど、装備中心にご紹介していきます。

トヨタ ライズ
トヨタ・ライズの外観

まず、安全装備では、最新世代の「スマートアシスト」が用意されています。「スマートアシスト」は、「衝突警報機能(対歩行者、車両)」、「衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者、車両)」、「車線逸脱抑制制御」、「オートハイビーム」、「先行車発進お知らせ機能」など全10機能からなり、「スマートアシストプラス」は、アダプティブクルーズコントロール(ACC)など全7機能からなります。

ダイハツ ライズ
デンソー製のデュアルカメラをフロントスクリーンに配置する

今回新たに、「ブラインドスポットモニター(BSM)」、「リヤクロストラフィックアラート(RCTA)」を追加。前車は、後側方など死角に接近する車両を知らせる機能で、車線変更などをサポート。後者は、後方を横切る車両を検知して知らせる機能で、後退時の安全を補助。ダイハツ・ロッキーは、「スマートアシスト」が標準で、ACCやレーンキープコントロール、BSM、RCTAなどを上級グレードに標準もしくはオプション設定などとなっています。さらに、駐車支援システムの「スマートパノラマパーキングアシスト」などもメーカーオプションで用意。なお、今回はほとんど試す機会はありませんでしたが、タントで初採用されたACCの制御が改善され、タントよりも追従性が高く、車間距離設定も適正化(タントはかなり車間距離を空ける設定)されたそう。

ダイハツ ロッキー トヨタ ライズ
ACCスイッチ

トヨタ・ライズも同じような構成で、スマートアシスト・レスとなる仕様もあり、ACCやレーンキープコントロールを上級グレードに、BSM/RCTAをオプション設定。

『ダイハツ』の最新記事
ダイハツ・ムーヴキャンバス
ダイハツ・ムーヴキャンバスにアクセントカラーが配された4タイプの特別仕様車を設定【新車】
ダイハツ タント
ダイハツ・タントにメッキ加飾が際立つ迫力あるスタイルセレクションを追加【新車】
ダイハツ・ハイゼット
はたらくクルマの代表格。60周年を迎えたダイハツ・ハイゼットシリーズを振り返る
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事