登場は2020年5月か。マセラティ史上最速のスーパースポーツが開発車両を初公開!

■ まるでアルファロメオ4C拡大版…0-100km/h加速2秒

マセラティは、新型スーパースポーツの開発車両を初公開しました。2020年5月にワールドプレミア予定のため、かなり長いティザーキャンペーンとなります。

現在開催中のロサンゼルスモーターショーから6,000マイル以上離れたイタリア・モデナにある「Viale Ciro Menottiゲート」で撮影されたプロトタイプは、フルカモフラージュされているためデザイン詳細は不明です。しかしパワートレインを冷却するためにリアフェンダー全部に大型エアインテークを装備、ミッドシップレイアウトと確認できます。また丸みをおびながら釣り上がるヘッドライトは同じFCA傘下のアルファロメオ「4C」拡大版にも見えます。ただしまだ偽装も重く、断定は出来ません。

全体的シルエットは、2014年に初公開された「アルフィエーリ」コンセプトを彷彿させ、その市販型とも伝えられますが、市販モデルに同車名が採用されるかは不明です。

パワートレインは未発表ですが、フェラーリ製ではなく自社製V型6気筒エンジン+電気モーターのPHEVが予想されています。そのパフォーマンスは、0-100km/h加速2秒、最高速度300km/hオーバーと噂されており、マセラティ史上最速モデルとなることは間違いありません。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
キア ピカント_002
韓国の元祖コンパクト「ピカント」、改良型でEVを初設定へ
マセラティ レヴァンテ_003
マセラティ、新型コンパクト・クロスオーバーSUVを2021発売へ!
アウディ RS3_003
430馬力の直5搭載! アウディ「RS3」の次期型はAMG超えに期待
マクラーレン 570Sテストミュール_001
まさかの市販デザイン流出!? マクラーレン・スポーツシリーズ次世代型、初の電動化へ
キア ピカント_006
韓国・キアのサブコンパンクトカー「リオ」、改良型に「アイスキューブ」LEDを採用か?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事