スーパーGTとは違った楽しさで盛り上がったスプリントカップ【SUPER GT・DTM交流戦】

スプリントカップ_レース2_04

●リバースグリッドからスタートしたSYNTIUM LMcorsa RC F GT3がレース2も優勝

スーパーGTとDTMの特別交流戦のサポートレースとして開催された「auto sport web Sprint Cup」。前日のレース1に続いて日曜日にはレース2が行われました。

このレース2はレース1決勝の上位6位までの順位を入れ替える「リバースグリッド」でのスタートとなり、それによってフロントローには、鈴鹿10Hからエントリーした#37 BH AUCTION CORVETTE GT3と#70 LM corsa Ferrari 488 GT3が並びます。

スプリントカップ_レース2_02
ローリングスタートでレース2がスタート

11時35分にローリングスタートでレース2がスタートすると37号車笹原右京選手がホールショットを決め、独走体制に。

4番手スタートの#52 埼玉トヨペットGB マークX MCと5番手スタートの#48 植毛GO&FUN GT-Rがポジションを落とす中、6番手スタートの#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3が着実にポジションを上げ、9番手から怒涛の追い上げを見せた#360 RUNUP RIVAUX GT-R、そして同じく7番手スタートから上がってきた#25 HOPPY 86 MCと激しい2位争いを展開します。

スプリントカップ_レース2_03
序盤独走体制でギャップを築くBH AUCTION CORVETTE GT3
スプリントカップ_レース2_04
序盤の激しい2番手争い

スタートから20分が経過し10分間のピットストップウィンドウが開くと、各車それぞれのタイミングでドライバー交代を済ませますが、360号車と37号車はギリギリまでピットストップを引き伸ばします。

スプリントカップ_レース2_05
60号車が37号車を捉える

全車が規定ピットを済ませた後半、早めのピットインでタイヤの温まっている60号車が37号車に急接近。19周目にオーバーテイクするとそのまま危なげない走りで30周を走りトップでチェッカーを受けます。60号車はレース1に続いてリバースグリッドとなったレース2でも優勝となりました。

スプリントカップ_レース2_07
終盤の2位争いを制したのはレース1でも3位に入った52号車

その後方では終盤にも激しい2位争いが観客を沸かせます。レース1でも3位表彰台を獲得した52号車が前を行く37号車を24周目にオーバーテイクし2位に。37号車は前半のリードを守りきれませんでしたが3位表彰台を獲得しました。

スプリントカップ_レース2_08
コースサイドのファンに手を振る松井選手

そして来年から別のマシンにスイッチするため、このレースで退役する25号車は規定のピットストップ時間が足りなかったことによるペナルティで8位となりました。チェッカー後はコースサイドから名残惜しく手を振るファンに、松井選手もドアを開けながら応えていました。

普段見ているスーパーGTとはまた少し違った面白さがあったスプリントカップ。来年はもっと多くのエントリーで更に盛り上がったレースを見たいと、きっと多くのモータースポーツファンが思ったに違いありません。

(H@ty)

【関連記事】
予想外の展開に大興奮!スプリントカップは劇的な結末が待っていた!【SUPER GT・DTM交流戦】
https://clicccar.com/2019/11/24/932950/

『スーパーGT』の最新記事
2020バージョンのレーシングミクサポーターズ衣装のプロトタイプ
グッドスマイルレーシングが体制発表。マシンのカラーリングは東京オートサロン2020で公開!【東京オートサロン2020】
交流戦_レース2_001
3度のセーフティカー導入で大混乱のレース2を制したのは、GT500初優勝のあのドライバー!【SUPER GT・DTM交流戦】
Modulo Epson NSX-GTのスターティンググリッドはフロントロー
Modulo Epson NSX-GT、ドライとなったレース2で圧倒的勝利!【SUPER GT・DTM交流戦】
スプリントカップ_レース1_01
予想外の展開に大興奮!スプリントカップは劇的な結末が待っていた!【SUPER GT・DTM交流戦】
交流戦_レース1_001
スーパーGT勢がホッケンハイムの雪辱を晴らす!あの選手がポール・トゥ・ウィンでレース1を制す【SUPER GT・DTM交流戦】
スプリントカップ_レース2_04
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事