RAV4 プラグインハイブリッドのスタイリングは普通のRAV4とどう違う?【LAオートショー2019】

■グロスブラック仕立ての専用アイテムでプレミアムな仕上げ

日本でも大ヒットモデルとなっているトヨタRAV4。そのプラグインハイブリッドモデルがロサンゼルスのモーターショーで公開されました。プラグインハイブリッドとは、大容量のバッテリーを積んでモーターだけで走行できる距離を増やすとともに、コンセントへつないで外から電気を充電できるタイプのクルマのことです。

フロントバンパー下部のデザインが標準車と異なる

RAV4のプラグインハイブリッドは、通常のRAV4ハイブリッドよりも大きなモーターを搭載して動力性能が高いのが特徴。トヨタ(の北米向けモデル)のなかでは、スープラに次いで0-100km/hが速いといいますからその俊足っぷりはかなりのものですね。

ところでそんなRAV4プラグインハイブリッド、外観のデザインも通常のRAV4とは少し違います。サッと見てわかるのは高級感が増していること。

タイヤの周りに備える樹脂部品もグロスブラック化
黒い部品は光沢のある黒でプレミアムを演出

その理由は、樹脂部品の仕立てです。RAV4は前後バンパー下やボディ下部、そしてタイヤを覆うフェンダーに樹脂部品を装着していますが、標準モデルはワイルド感を強調するために樹脂素地(無塗装)。しかしプラグインハイブリッドは塗装を施したグロスブロックの仕上げとしてプレミアム感を高めています。

ちなみに、フロントバンパーは下部のデザインが異なりますね。プラグインはスポイラー状に大型化されていて、エアアウトレットが追加されてシルバーの加飾も入っています。

ボディカラーも新設定色

タイヤは19インチで専用デザインのアルミホイールをセット。新設定のボディカラー「スーパーソニックレッド」とブラックのツートーン塗装もいい感じです。

(工藤貴宏)

『トヨタ・RAV4』の最新記事
80cmロングのワンオフ車・世界一長いRAV4はメーカー純正!?
新型RAV4の独特な4駆機構をテスト。左右トルクベクタリング車はオーバーステア傾向が楽しい
RAV4 プラグインハイブリッド。実は装備もちょっと違う【LAオートショー2019】
RAV4 プラグインハイブリッドのパッケージング。ユーティリティにまったく犠牲がない理由は【LAオートショー2019】
トヨタ車ではスープラの次に速い!? RAV4プラグインハイブリッドの凄さは加速性能【LAオートショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事