EVなのにエキゾーストパイプ!? ポルシェ初のEVワゴン「タイカン スポーツツーリスモ」をキャッチ

ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ外観_004

■EV・タイカンの派生ワゴン、0-100km/h加速は2.8秒

ポルシェ初の量産EV「タイカン」に設定される派生ワゴン「タイカン スポーツツーリスモ」の最新プロトタイプを、ドイツ市街地でカメラが捉えました。

ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ外観_002
ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ 開発車両

Cピラー以降のルーフが延長された開発車両は、クワッドエキゾーストパイプを装備していますが、もちろんダミーです。またルーフラインカバーを装着しているほか、ヘッドライトなどほとんどのパーツが偽装されています。

ただし、このプロトには特徴的なホイールが見られるためレンジトップの「ターボS」の可能性が高いようです。

ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ外観_009
ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ 開発車両

パワートレインは最高出力571psの「4S」、最高出力680psの「ターボ」、最高出力761ps「ターボS」など、「タイカン」と同様のラインアップが予想されています。

「4S」では0-100km/h加速4.0秒、上位モデルの「ターボ」では0-100k/h加速3.2秒、最上位モデルのターボSでは、0-100km/h加速2.8秒、最高速度260km/hというパフォーマンスを発揮しますが、スポーツツーリスモでも継承される可能性が高いと思われます。

電圧は通常のEVの400Vではなく、800Vのシステム電圧を備えた初の市販車で、約5分で最大100kmの航続に必要な電力を充電できます。1回の充電での航続は、4Sが最大464km、ターボSが最大412km、ターボが450km(WLTPに準拠)となります。

ポルシェは、2025年までに電気駆動システム搭載車を全体の50%に拡大する計画を持っており、次の電化モデルは「マカン」とされています。タイカンスポーツツーリスモのワールドプレミアは、2020年3月のジュネーブモーターショーが有力です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
メルセデスベンツ Sクラス_004
最終デザインをちょい見せ! メルセデス・ベンツ Sクラス次期型の右ハンドル開発車両をキャッチ
ヒュンダイ45_001
ヒュンダイのEV-SUV「45」はクーペデザインに! 次世代EVクロスオーバーSUVをキャッチ
BMW M5_002
BMW M5セダン改良型の最終デザインが鮮明に。ニュルで高速テスト
VW トゥアレグ GTE_003
欧州市場にもPHEVモデル投入へ。VWトゥアレグ GTE市販型プロトタイプをキャッチ!
VW ゴルフ ヴァリアント_003
今度はクーペルーフだ! VWゴルフ「ヴァリアント」プロトタイプをキャッチ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事