名機・EJ20のラストイヤーに、スバルWRXが1100台以上も集結【WRXファンミーティング】

サプライズゲストの、トミー・マキネンさんとペダー・ソルベルグさん

●サプライズゲストの登場で会場の興奮は最高潮に!

11月9日、愛知県新城市のふれあいパークほうらいで「WRX Fan Meeting」が開催されました。

イベント参加者の集合写真
イベント参加者の集合写真

このイベントは、スバルの歴代 WRXのオーナーが集まるファンミーティングとして実施され、初代のインプレッサ WRXをはじめ1100台以上のWRX、そしてオーナーを含めた来場者は2000名近くとなりました。

WRX FUNミーティングの参加車
WRX FUNミーティングの参加車

ふれあいパークほうらいの駐車場を埋め尽くしたWRX!参加者の愛車が並ぶ姿は壮観の一言です。

サプライズゲストの、トミー・マキネンさんとペダー・ソルベルグさん
サプライズゲストの、トミー・マキネンさんとペダー・ソルベルグさん

そして集まったオーナーの熱狂させたのはサプライズなゲストのペダー・ソルベルグさん。2003年にWRCのチャンピオンとなり2008年のスバルのWRC撤退までの間ワークスドライバーとして活躍。WRXオーナーにとっては象徴的なドライバーです。

ペダー・ソルベルグさん
ペダー・ソルベルグさん

そんなペダー・ソルベルグさんもEJ20エンジンと同じ2019年に世界選手権からの引退を表明。偶然とはいえ一つの時代の終わりを感じます。

ペダー・ソルベルグさんのデモラン
ペダー・ソルベルグさんのデモラン

そんなペダー・ソルベルグさんのデモランも披露されます。特に印象的なあの「箱乗り」も披露!

ペダー・ソルベルグさんのデモラン
ペダー・ソルベルグさんのデモラン

全開走行で興奮したWRXオーナーもこの「箱乗り」には感激の声を上げていました。

WRX STI EJ20 ファイナルエディション
WRX STI EJ20 ファイナルエディション

最後のEJ20エンジンを象徴するファイナルエディションも展示される中、ステージではスバルの開発陣も登壇して次期WRXについて語ります。「皆さんが望むものを皆さんの期待以上にして発表します。もう少しお待ち下さい」とのステージで発せられるとWRXオーナーの皆さんは高揚した声を上げていきます。

スバル、STIスタッフによるお見送り
スバル、STIスタッフによるお見送り

イベントが終了し駐車場から1100台以上のWRXが出庫する際、なんとスバルとSTIのスタッフが整列して1台1台に手を降ってお見送り!

辰己監督によるデモラン
辰己監督によるデモラン

WRXに愛を注ぎ込んだオーナー諸氏には忘れられないイベントとなったことでしょう。

(写真・文:松永和浩)

『SUBARU』の最新記事
22B-STiバージョンのフロント
さらばEJ20エンジン! インプレッサWRXの中古に乗るなら今だ!!【気になる中古スポーツカー・バイヤーズガイド】
スバルSTI史上最強のコンプリートカー「S209」が米国で限定販売! その足元を支えるのはダンロップ「SP SPORT MAXX GT600A」
SUBARUフォレスターにタフな印象を強調し、アウトドアなどの利便性を高めた「X-Edition」を設定【新車】
熟成極まったSUBARU レヴォーグに充実装備の特別仕様車「2.0GT EyeSight V-SPORT」が設定【新車】
初代レガシィツーリングワゴン
【SUBARU GT EXPERIENCE.1】そのルーツはレオーネにある? SUBARUが考えるツーリング、そしてGTの意味
サプライズゲストの、トミー・マキネンさんとペダー・ソルベルグさん
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事