メルセデス・ベンツ初の本格派EV「EQC」の試乗&レンタカーサービスがスタート!

■メルセデス・ベンツ初のEV「EQC」に試乗できるチャンス

SUVとクーペを融合したフォルムを併せ持つ、メルセデス・ベンツ初の本格派EV 「EQC 400 4MATIC」。

4駆モデルで、オンロードではコーナリング時や高速走行時の高い安定性を、オフロードや雪道では力強い走破性を実現しています。

メルセデスベンツ EQC
メルセデスベンツ初のEV「EQC 400 4MATIC」

最高出力408ps、最大トルク765Nmを発生。車重2.5トンながら0→100km/h加速は5.1秒、0→60km/hが2.5秒と駿足で、航続距離は400kmに達します。

車両前後にモーターを備えており、通常はフロントモーターをメインに制御。加速時はリヤモーターを稼動させるなど、状況に応じて前後トルクを変動させる仕組み。普通充電と急速充電(CHAdeMO)に対応しており、電気ならではの加速性能や上質なドライビングフィールが味わえます。

また、「ハイ、メルセデス」と話しかけると自動対話式音声認識機能が起動。「充電ステーションを探して」など、普段の会話のように話しかけることで、目的地検索などの設定が可能になっています。

メルセデスベンツ EQC

そんな「EQC 400 4MATIC」ですが、東京と大阪のメルセデス ミーで試乗が可能となっており、メルセデス ミー東京ではEQCのレンタカーサービスを開始したそうです。

この機会にメルセデスベンツ初となるEVの走りを経験してみるのもよいかもしれません。

Avanti Yasunori・画像:メルセデス・ベンツ)

【関連記事】

クルマ好き垂涎の限定モデル「メルセデスAMG A 35 4MATIC Edition 1」が登場
https://clicccar.com/2019/10/25/923379/

2022年までに自動車用エンジン開発に終止符? ダイムラーがEV開発に注力へ
https://clicccar.com/2019/09/28/914932/

独・VWと米・フォードが「EV」「自動運転車」開発で提携間近?
https://clicccar.com/2019/06/16/853974/

【関連リンク】

EQC試乗予約

(東京)https://member.mercedes-benz.co.jp/mmp/web/mbcReserve/webReserve/index?carId=402

(大阪)https://member.mercedes-benz.co.jp/mmp/web/mbcReserve/webReserve/index?carId=395

EQCレンタカーサービス
https://www.mercedes-benz.jp/mbrent/mercedesme/?csref=_email_mbs_701_04

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。