人気のバンコンに車載用リチウムイオンバッテリーシステムを搭載したキャンパー鹿児島のモデル【東京モーターショー2019】

●エンジンをオフにしてもリチウムイオンバッテリーで家電が使用できる

東京モーターショーの「OPEN ROAD(シンボルプロムナード公園)」に設けられているキャンピングカーコーナー。

Kアクセス(キャンパー鹿児島)が出展するトヨタ・ハイエースベースのバンコン(バンコンバージョン)は、車載用リチウムイオンバッテリーシステムを搭載し、エンジンをオフにしても車内で自宅のように家電が使えるのが特徴になっています。

走行充電やAC100V充電が可能で、システム全体で管理することで安心・安全を実現しています。3000回の充放電が可能で、1日1回使っても8年以上使用できます。

キャンパー鹿児島 バンコン
キャンパー鹿児島のリチウムイオンバッテリーシステムを搭載したバンコン

ベース車両は3タイプ用意されています。

まず、ハイエースのスーパーロング・スーパーハイルーフは、乗車定員5名、就寝人数4名。全長5380×全幅1930×全高2460mmという大きなボディサイズにより、室内高1800mmを実現した特別仕様です。主要装備として、車載用リチウムイオンバッテリーシステムをはじめ、家庭用エアコン、リフレティック(断熱材)、寒冷地仕様、コンフォートショック、リヤスタビライザー、冷蔵庫、電子レンジ、19インチTV、マックスファンが設定され、価格は999万8000円(税込み/限定1台)。

キャンパー鹿児島 バンコン
ハイルーフ仕様によりゆとりのある室内とニーズに応じたタイプを設定する

ほかにも、優雅な大人の2人旅専用設計をコンセプトにした「rem second act」という2人旅を想定したモデルもあります。

乗車定員は5名もしくは6名で、就寝人数は4名。ベース車は、ハイエース・スーパーロングで、全長5380×全幅1930×全高2285mm。車載用リチウムイオンバッテリーシステムはもちろん、家庭用エアコン、冷蔵庫、電子レンジ、遮音断熱、19インチTV、エクステンションボックス、外部電源、シャワー式シンク、給排水タンク、100Vコンセントを設定。価格は684万7500円〜(税込)です。

キャンパー鹿児島 バンコン
エンジンを止めた状態でも家庭用エアコンなどの家電を使える
キャンパー鹿児島 バンコン
テーブルを囲んだ対座モードも可能
キャンパー鹿児島 バンコン
給排水タンクを備え、調理もできる

「rem forest」は、家族で楽しむための1台を掲げ、ベース車はハイエース・スーパーロング。サイズは全長5380×全幅1930×全高2285mm。

装備は、車載用リチウムイオンバッテリーシステム、家庭用エアコン、冷蔵庫、電子レンジ、遮音断熱、19インチTV、エクステンションボックス、外部電源、シャワー式シンク、給排水タンク、100Vコンセントを設定。価格はこちらも684万7500円~(税込)です。

(文/写真 塚田勝弘)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!? 時代をリードする企業「ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストン」を清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの日野ブースでトラックの注文制作を体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの三菱ブースでカーデザイン体験!【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事