F1ファンも楽しめる! 「F1女子」選んだ東京モーターショーの必見ブース【東京モーターショー2019】

■涙もののホンダブースにマクラーレンF1マシン、ルイス・ハミルトンサイングッズプレゼントなどなど!

10月24日(木)~11月4日(月・祝)まで東京ビッグサイト、お台場周辺エリアで開催中の東京モーターショー2019。

モーターショーというと、最近では“近未来のクルマの祭典”というイメージで「F1ファンが行ったら場違いじゃないか」なんて思ってしまいますが、実際に行ってみるとF1ファン必見のブースがたくさんありました!

東京モーターショー2019
2年に1度の祭典が絶賛開催中!

■モータースポーツの歴史を辿れる、ホンダブース

どこよりもモータースポーツ色が強かったのが、ホンダ。遠くから見ても分かるくらい巨大なマックス・フェルスタッペン(レッドブル)のパネルが目印です。しかもホンダF1復帰後初優勝を果たしたオーストリアGPのポディウムでホンダマークを指差しているシーン、というのが涙をそそるんですよね(涙)。

東京モーターショー2019
今シーズンのベストレースと言っても過言ではない、オーストリアGPのワンシーン。何度見ても良い写真だぁ~。
東京モーターショー2019
Aston Martin Red Bull Racing RB14(2019年F1出場カラーモデル)。

レッドブル缶のようなメタリックなカラーリングがかっこいい、トロロッソマシンも発見!

ダニール・クビアト(トロロッソ)がドイツGPで3位を獲得しチームクルーと喜びをわかちあっている写真もあり、「今年は良いシーズンだったなぁ」なんて振り返っちゃいました(まだシーズン途中ですけど笑)。

東京モーターショー2019
難しいコンディションだったドイツGP。そんな中、ホンダパワーユニット搭載の2チームが表彰台にいるのは、日本人として誇らしかったですよね!
東京モーターショー2019
Scuderia Toro Rosso STR13(2019年F1出場カラーモデル)。

そしてまたまた涙腺崩壊寸前だったのが、私がF1にハマった思い出のマシン・RA106が展示されていたこと! 大ファンのジェンソン・バトンの当時の写真もあり、テンション上がりまくりでした。

東京モーターショー2019
王子様時代のジェンソン・バトン。素敵すぎる~!
東京モーターショー2019
この頃(2006年)はミシュランvsブリヂストンのタイヤ争いも面白かったですよね。
東京モーターショー2019
個人的お気に入りポイント☆
東京モーターショー2019
思い出のマシンをしばし眺めていたら、スタッフの方が「写真撮りましょうか?」と声をかけてくれました。ありがとうございました!
東京モーターショー2019
RA106(2006年F1ハンガリーGP優勝モデル)。

実は今年のホンダブース、「世界選手権参戦60周年記念展示」として紹介した3台のF1マシンの他にもRA272(1965年)やMcLaren Honda MP4/4(1988年)、そして歴代2輪レーシングマシン4台も展示してあり、ホンダのモータースポーツを振りかえるミュージアムのようなつくりになっているんです。

「ここで一晩寝たい!」というくらい、幸せな空間でした。

東京モーターショー2019
McLaren Honda MP4/4(1988年F1チャンピオンモデル)。
東京モーターショー2019
RA272(1965年F1メキシコGP優勝モデル)
東京モーターショー2019
歴代の2輪、4輪マシンがずらり!

さらに、今年のF1日本GP決勝前セレモニーでデモ飛行をしサーキットを盛り上げてくれたホンダジェットコーナーもありました。

パイロット目線の360度シミュレーターは一緒に操縦しているような気分になれるし、何より本物のエンジンが展示されていたことにびっくり! こちらも必見ですよ。

東京モーターショー2019
夢がたくさん詰まっていた、ホンダジェットコーナー。
東京モーターショー2019
360度シミュレーター。機長さん、かっこよすぎません!?
東京モーターショー2019
GE Hondaエアロエンジンズ製HF120ターボファンエンジン。

▪️マクラーレンF1マシンを発見!

F1マシンの展示はホンダだけではありません。ビッグサイト西4ホールにあるMARELLIブースでは、マクラーレンF1マシンMcLaren MCL34が展示されていました!

MARELLIは世界屈指の自動車部品サプライヤーで、今年の5月にカルソニック・カンセイとマニエッティ・マレリが統合した新ブランド。

東京モーターショー2019
McLaren MCL34 2019 Carlos Sainz(repainted MP4-30 2015)。

カルソニック・カンセイはマクラーレンに、マニエッティ・マレリはアルファロメオやフェラーリなどと共に長いF1の歴史を歩んできたそうです。

カルソニック・カンセイとマクラーレンは約10年の付き合いがあり、ラジエーターやオイルクーラーといったエンジンクーリング分野を提供しているとのことですよ。

■ニコ・ヒュルケンベルグのビデオメッセージ!

ルノーブースには、日本GP前に行われた発表会でニコ・ヒュルケンベルグがスペシャルゲストとして、そのベールをはがしたメガーヌR.S.トロフィーがありました!

ヒュルケンベルグも開発に携り、F1の様々なテクノロジーが取り入れられたというメガーヌR.S.トロフィー。発表会では「コーナリングが速くて、乗っていて楽しいクルマ。まさにサーキット走行向けだね。見た目が美しく、カラーリングも気に入っているよ」と語っており、愛車にするほどお気に入りなようですよ。

東京モーターショー2019
F1ファンにはたまらない、ヒュルケンベルグからのビデオメッセージ。
東京モーターショー2019
メガーヌR.S.トロフィー。F1マシンを彷彿とさせるイエローがかっこいい!

そしてブース内を見ていたら、突然ヒュルケンベルグの声が! 見上げるとスクリーンからビデオメッセージが流れだしたではないですか!!

思わず「ニコ~」と手を振りたくなってしまったのは、私だけ!?

■秘密がいっぱいなF1ダンパー

西3ホールのオーリンズブースでは、マシンの挙動の変化を抑制するダンパーを発見しました! こちらのブースにはMotoGPやスーパーフォーミュラ、WECなどで使用されていた物も多数展示されており、その形は様々。

東京モーターショー2019
スーパーフォーミュラ、ダラーラ・SF19(2019年)に搭載。
東京モーターショー2019
こちらがF1仕様。説明文は原材料のみ!

中でもF1のダンパーは特殊な形をしており、その仕組みをスタッフの方に伺ったところ、F1は極秘事項が多く社員の方でも知ることができないのだそうです。ちなみにどこのチームに供給しているかも秘密。F1、恐ろしや!

■ルイス・ハミルトンのサイン入りグッズゲットのチャンス!?

ちょっとがっかりだったのが、メルセデス・ベンツブース。F1日本GPで見事6年連続コンストラクターズタイトルを獲得したのにも関わらず、F1マシンが展示されていなかったんです……。「偉業を成し遂げたのだから、もっとたくさんの人にアピールしても良いのでは?」と思わずにはいられませでんした。

そうそう、ルイス・ハミルトンのサイン入りミニカーが当たるデジタル・スタンプラリーが実施されていましたよ! 参加方法はとっても簡単。メルセデス・ベンツ日本公式LINEアカウントと友達になり、トーク上に出てくる「デジタルスタンプラリーに参加する」をクリックするとスタンプの台紙が出てくるので、そこに会場内にあるデジタルスタンプを押せばOKです。

東京モーターショー2019
デジタルスタンプ。スマートフォンにポンとタッチすると、スタンプが押されるというハイテクさ!

とはいえ、ハミルトンのサイン入りミニカーが当たるのは幸運の持ち主のみ。「抽選は昔から苦手」という方、必ずハミルトンのサインが手に入る方法があるんです!

それは展示中のCLA200dまたはB180を、メルセデス・ベンツオンラインストアで購入すること! 成約特典としてハミルトン直筆サイン入りキャップがプレゼントされるそうですよ。お高いサイン入りキャップになりますが(笑)、購入を考えている方は今がチャンスかも!?

東京モーターショー2019
Mercedes-Benz VISION EQS。未来の電気自動車も良いけど、やっぱりF1マシンを見たかったなぁ。

いかがでしたか? F1ファン必見ブースが結構あったでしょう?

会場にはF1グッズを身に着けている方もたくさんいて「まだ日本GPの余韻にひたりたいよね。分かる、分かる」と勝手に親近感をいだいていました(笑)。F1グッズを着てモーターショーに行くのも良いかもですね!

(yuri)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!?時代をリードする企業ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストンを清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事