衝撃のビッグノーズ見えた! 新型BMW・M3のフロントマスクを初公開

■これが本当に次期BMW M3なのか? 巨大グリルがついに露出

BMWは、高性能モデル『M3』『M4』に巨大キドニーグリルが採用されると噂されていますが、それを証明すべく衝撃の写真を入手しました。

BMW M3 新型
BMW M3 セダン 市販型 フロントマスク

このインサイダー写真は、先日のリアビュー同様にBMWのチューニングを専門とする「Evolve Automotive」から送られてきたものです。

生産ラインで撮影された「M3セダン」(G80型)プロダクションモデルは、まさに2019年9月のフランクフルトモーターショーで初公開され話題となった「BMW コンセプト4」からインスパイアされた巨大キドニーグリルを装着しています。

詳説するならば旗艦クロスオーバーSUV「X7」より大型なのはもちろん、コンセプト4より幅がタイトな分、縦がより長くさえ見えます。またコンセプト4を彷彿させるシャープなヘッドライトや、立体感のあるサイドベンチレーションもかなりアグレッシブです。

BMW M3 リアビュー
BMW M3 セダン 市販型 リアビュー

パワートレインは、ハードコア・クロスオーバーSUV「X3 M」や「X4 M」から流用される3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載。エントリーモデル「ベース」は最高出力454ps、ミドルモデル「ピュア」は480ps、トップモデルとなる「コンペティション」は最高出力510psと予想されており、8速ATと組み合わされる「M xDrive」四輪駆動が搭載されると見られます。

ワールドプレミアは2020年半ばと予想されていますが、11月のロサンゼルスモーターショーでのサプライズも噂されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?