最低限の装備だからこそ、コンペティションモデルの走りが公道でも楽しめる【ホンダCRF250F・装備編】

CRF250F

■コンペティションのスピリットを貫くホンダCRF250Fのミニマム装備

CRF250F
CRF250Fのヘッドライト。一般道なら十分な明るさです。

CRF250Fは本来コンペティションモデルですが、横浜のバイクショップ・アルファスリーにより、保安部品を取り付けることで公道仕様のマシンに作り変えられています。充実装備で快適さを演出する純ストリートモデルとは異なり、あえて機能を絞り込んだ最小限の装備のみを備え、コンペティションモデルそのままの走りが再現されています。

CRF250F
トレイルテックのデジタルメーター・ENDURANCE2は小型軽量で高機能。

メーターには、サイクルコンピュータを思わせるコンパクトサイズのENDURANCE2が使われています。スピードメーターとしてはもちろんのこと、トリップメーターや時計としても使えるなかなかの多機能ぶりですが、3つのボタンを組み合わせておこなう操作はかなり複雑で、慣れるまでに少し時間がかかりそうです。

CRF250F
右スイッチボックスにはセルスターターのボタンが。

右手のセルスイッチを押せば、エンジンはいともたやすく始動します。かつてキックスタートに汗を流しつつオフロードを走ってきたベテランライダーにとっても、キックに不慣れなビギナーライダーにとっても嬉しい装備ですね。

CRF250F
左スイッチボックスには各種スイッチが集中配置されています。

ヘッドライトやホーン、ウインカーなどのスイッチ類はスタンダードなレイアウトで、操作に迷うことはありません。スイッチボックスの内側には押しボタン式のキルスイッチがついています。

CRF250F
シュラウドの一部はカーボン調?

シュラウドには、表面に凹凸加工が施された黒いパーツが組み込まれています。カーボンっぽくて見た目もかっこいいですが、コーナリング中に足でタンクを抑えるときには、滑り止めとして一役買ってくれそうですね。またシートの座面にも滑り止め加工が施されています。

CRF250F
フットペグには滑り止めがついています。

フットペグは滑り止め付きで幅広なので、不安定な路面を走るときも安心してステップを踏み込めます。チェンジペダルと共に可倒式なので転倒時のダメージは最小限ですみそうですね。

CRF250F
ブレーキディスクにはウエーブローターが採用されています。

CRF250Fは、当然のように前後ともディスクブレーキを装備しています。円周が波打つようなデザインになったウエーブローターには、見た目の良さもさることながら、ダスティな路面を走ってもキャリパーに汚れがつきにくくなる効果があるそうです。

CRF250F
マフラーにはしっかりした消音効果が。

CRF250Fのマフラーは、ストリートモデルに比べると小ぶりで、排気音はやや大きくパンチのきいた太めの音質です。しかし回転をあげてもけっしてうるさくはなく、夜の住宅街なども安心して走れるレベル。ただしヒートガードは付いていないので、熱くなっているときにうっかりマフラーに触らないよう注意が必要です。

CRF250F
リアビューを引き締める薄型テールライト。

薄型軽量のLEDテールライトはフェンダー下にすっぽり収まり、ウインカーやナンバープレートと共に美しくまとまって、ソリッド感のあるシャープなリアビューを生み出しています。フェンダーにはALFA THREEのロゴ入りバッグが付属していますが、容量は控えめで車載工具が入れられる程度。それでも、あると嬉しい貴重な積載スペースといえますね。

さて、次回はいよいよ実走レポートです。めいっぱい走り込んでみましょう!

ホンダCRF250F
【主要諸元】
全長×全幅×全高:2108mm×798mm×1185mm
シート高:883mm
エンジン種類:空冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒
総排気量:249cc
最高出力/最大トルク:22pp/2.28kgm
燃料タンク容量:6ℓ
タイヤ(前・後):80/100-21・100/100-18
ブレーキ:前後ディスク
車両価格:77万8000円
※アルファスリーにて取り扱い

(写真:高橋克也 文:村上菜つみ)

【関連リンク】
アルファスリー
https://www.alphathree.co.jp/

『バイク』の最新記事
名古屋モーターサイクルショー
今年初開催のはずだった4月の名古屋モーターサイクルショーも中止!新型コロナの影響はどこまで続く!?
tricker
唯一無二! 誰でも気軽に乗れる本格派フリーライド・プレイバイク!【ヤマハ・トリッカー(概要編)】
cbr250rr
突き抜けた未来的パフォーマンス!絶妙なサスと官能サウンドもポイント【ホンダ・CBR250RR(実走編)】
MIEレーシング・アルティア・ホンダ
2月28日開幕のスーパーバイク世界選手権。2020シーズンの注目は、初フル参戦の高橋巧選手と必勝体制のホンダワークスチーム!
VX1走行写真内側01
レバー1本でアクセル&回生ブレーキを操作可能なADIVA VX-1は新感覚の電動スクーターだ!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事